実際にOsmo Mobile 3を旅行で使ってみたら、やっぱり良かった話

Osmo Mobile 3は1,2,3と出てますけど3に関しては系譜を無視したカジュアル設計になっています。

持ち運びやすい、組み立てやすい反面チルト幅が異様に狭い「3軸ジンバル の内1軸を犠牲にする」という正気か?とも思える大胆な設計。

「グリップを水平に持って正面を撮ることが出来ない」っていうジンバル としてはかなり残念な制限がかかるのですが、それを差し引いてもポータビリティーのよさ、組み立ての容易さと言った長所がそれを上回ります。

以下はOsmo Mobile 3とZenfone6で雑に撮った作例。


続きを読む 実際にOsmo Mobile 3を旅行で使ってみたら、やっぱり良かった話

ASUSのゲーミングルーターx2で自宅のWi-Fi環境をメッシュ化してみた

先日買ったルーターと同機種がアウトレットで安かったので入手しました。

Wi-Fiルーターをメッシュ対応のASUS製のゲーミングルーターに買い替え – Captain’s Log, Supplemental

このモデル確かに電波の飛びはよく、我が家の全ての死角を全てカバーするくらいの高性能なのですが、やはりルーターとクライアント距離が離れれば離れるほど通信速度は落ちるんですよね。

ってわけでアクセスポイントを増設してみました。

本来は専用のメッシュアクセスポイントを入手すべきだとは思うのだが、、、


↑こういうやつですね。お手頃価格で気軽に増設出来そう(とは言え安いルーターくらいの値段だが)ではあるのですが、発売当初から国内外問わず評判が悪いんですよね、、、

というわけでゴミになる可能性のあるLyra minは避けたかったのです。

すでに導入済みのASUS RT-AC86Uはモード切り替えでメッシュノードとして動作可能である事はわかってました。

もし無理でもこのルーターは別の用途にも使えそうなので腐る事は無いだろうって。

設定など

AiMeshに切り替えるとこのような説明が。イマイチ絵の意味が分かり辛い、、、

初期化が始まります。

母艦ルーター側の設定

ネットワークタブで「AirMeshノードを探す」とすると先程初期化した機器が出てきます。

接続中。3分前後かかります。

私は何も考えずにセットアップを続けてしまい、以下のようなエラーを出してしまいました。

初回設定時のポイント

AiMeshのサーバーとノードの距離が1〜3メートル以内に設置しておく必要があるみたいです。

本来の設置場所で初期設定を行っても何度やっても失敗しました。ってか説明画面に書いてあるし、ちゃんと読めって話ですね^^;

AiMeshという技術はスマホやラップトップに対して接続ノードが切り替わったとしても、あたかも単一の機器、単一のSSIDで繋ぎ続けているように見せかける技術ですから、アクセスポイント同士が同調して動く必要があると思うんですよね。初回にサーバーとノードを近距離でセットアップする必要があるのはキャリブレーションか何かですかねぇ。知らんけど。

無事初期設定完了

初期設定完了後、本来の設置場所に移動させます。

続々と近場のデバイスがノード側に繋がってきました!

まとめ

全ての部屋で快適いんたーねっつ!

Lyra miniって評判悪い割には値段も安く無いし、それならもうちょっとだけ予算を上げてルーターを買ってモードをAiMeshに変えて使えばいいんじゃね?って思いました。

単なるアクセスポイントを増設して居住エリア全てをカバーするという方法もありますし、それだとかなり安く上がるんですが、データのダウンロード中にノードが切り替わると切断されたり、特にiTunesでレンタルしたDRMがかかってる動画とかでそれが起きるとサポセン連絡必要な、厄介な事態になるんですよね。

その点Mesh環境は何も考えなくて良いので楽です。

ASUSのAiMeshおすすめです。

via PressSync

ラップトップを充電可能なAnker PowerPort Atom IIIに窒化ガリウムの真価を見た話

初代機はモバイル充電器として評価した場合不満があったのですが後継機?はその弱点を補う良品でした。

iPhoneSEとの大きさ対比。
Anker PowerPort Atom III

旧モデルとの対比。
Anker PowerPort Atom III

Anker PowerPort Atom III

爪が折り畳めるのは重大な進化ポイントです。
Anker PowerPort Atom III

デザインが薄型になった事で、鞄内の小ポケットに収納しても型崩れしにくくなりました。

念の為MacBook Pro 2018 13インチで充電してみましたが計測結果はカタログスペック通り30W出ています。

MacBook Pro用の充電機としては若干パワー不足ですが、このコンパクトさ、携帯性のよさからすれば些細な問題でしょう。

OTGケーブルを接続すれば普通のUSB Typer-Aの充電機になります。
Anker PowerPort Atom III

昔の黎明期のモバイラーがよくやってたUSBハブを介したタコ足充電も可能です。
Anker PowerPort Atom III

このような使い方をするとUSB1ポートあたりの出力は5Wが上限になりますが、旅行中とか出張中の就寝中に使う簡易充電ステーションとしては十分ですね。

アイテムの組み合わせ次第でめちゃくちゃ汎用性が高まります。

上記のような事は他のPD充電機でも可能なのですが、「PowerPort Atom III」みたいなモバイル特化な高出力充電器を手に入れると色々試したくなります。

まとめ

初代モデルのAnker Power Port Atom PD1は単純にウォールチャージャーとして評価すると素晴らしい製品だと思っています。小さくてデザイン可愛くてコンセントに挿しっぱなしでも全然圧迫感無いし。実際新機種と比較しても少しだけ軽いし、立方体形状なので体積もこちらの方が小さいと思う。

対してAnker PowerPort Atom IIIはモバイル特化型。折り畳める爪は便利ですが据え置き電源と考えた場合、ぐらつきが気になります。

両者とも窒化ガリウム30W充電器という事で比較の対象になりやすいのかな?と思うのですが、単純に新製品の方が上位互換機というわけではなく、それぞれ特徴のある製品と考えた方が良さそうです。

いやーしかし、こんなフリスクみたいなサイズの充電器で13インチMacBook Proが充電できるとか、凄い時代です。


via PressSync

DJI Osmo Mobile 3がコンパクトに折りたためて旅行用に良さげ

Zenfone6のカメラが超広角側も含めて動画が綺麗に撮れるので旅行用に新製品のOsmo Mobile3を買ってみました。

実は前世代のOsmo Mobile2は所有しておりまして、Osmo MobileシリーズのAndroid用の接続アプリがイマイチ出来が悪い事は知ってたんですよね。スマホの性能を活かしきれないとか。

私は標準カメラアプリを使う前提で入手しました。

続きを読む DJI Osmo Mobile 3がコンパクトに折りたためて旅行用に良さげ

Zenfone6を2週間使ってみた感想

気に入って使ってます。良い面も悪い面も含めて書き綴っていきます。

ノッチやパンチホールの無い全面ディスプレイは大正義である

フリップカメラに注目されがちなZenfone6ですが、フリップカメラを採用による最大の恩恵の一つは画面占有率の高いディスプレイじゃないかと思います。

ビスタサイズの映画が殆ど無駄なく収まる画面のアスペクト比は映画好きには堪らんです。

有機ELディスプレイ(OLED)ではなくIPS液晶の採用がコストダウンを図った箇所なのかな?と思うのですが、このディスプレイはHDR10対応でハイスペック。NetflixとかYouTubeでHDR対応のコンテンツを視聴するとめちゃくちゃ綺麗ですね。

全く期待していなかったのですが外部スピーカーがそこそこの音質ですし、横位置で動画を再生すると端末の上部、下部スピーカーから同時に音がなり、ちゃんとステレオで音に広がりを感じるんですよね。若干上部スピーカーの音が弱いし、音量を上げると直ぐにビビっちゃう感じですけど。

ってわけで映画視聴を重視したい人にとっては魅力的な端末だと思います。

フリップカメラは長所だけど短所でもある

ポケgo用にスマートフォンを自転車に取り付けてる人っていると思うのですが。

Zenfone6のフリップカメラは自転車走行中にちょっとしたギャップを拾った衝撃だけでも影響があるみたいです。

↓こんな感じでエラーがでます。

これを回避するにはフリップカメラがぐらつかないようなマウントを自作する必要があります。専用マウントとか市販されてないので。

下の写真は市販のケースのフリップカメラ開口部をテープで封印した図。

落下を検出して自動的にフリップカメラを自動的に収納する仕組みがあるみたいですが、この感じだと落下の衝撃でフリップカメラが跳ね上がるんだろうなって^^;

フリップカメラのせいでサードパーティー製のケースの選択肢が少ないし、何を選んでもカメラ部分の開口部が大きいので本体の保護には最大限の気を配らなければならない機種であります。

ひょっとしてvlogを意識して設計してる?

Zenfone6の動画撮影性能って画質的には大した事ないのですが、めちゃくちゃ電子手ブレ補正が効くんですよね。

性能の良い背面カメラをフリップさせて自撮りに使えて電子手ブレも付いてるんだからvlogに使ってくれと言わんばかり。

下の動画はスマホを直接手持ちして撮りました。短めの自撮り棒みたいなのをハンドル代わりに使えば、所々「ガクッ」っとパンしてる見苦しいシーンも少なくなくなると思います。いやー、しかし手持ちでこれだけ動画が取れるのはすごい。

下は夜間の動画撮影。日中より手ブレ補正が効いてない感じですが、そこそこ綺麗に撮れてますね、、、が、映像の中にレーザービームみたいなのが写り込んでますね、、、なんじゃこりゃバグだろうか。

下はスマホを欄干に置いてブレにくくして撮った動画

ここで気がついたのですがZenfone6の標準のカメラアプリのビデオ撮影機能は細かい設定が出来ないんですよね。最大最小ISOの設定とか。これだけ明るく撮れるならジンバルに装着して最大ISOを800くらいまで下げて手ブレをOffにして撮影すれば、夜間撮影でもそれなりに綺麗な動画が撮れそうな気がしました。

私はvlogやりませんけど旅行記とかで気軽に自撮り動画を撮れそうなので色々試してみたいです。

Zenfone6のフリップカメラは、ひょっとしたら新しい撮影スタイルを生み出すかもしれないですね。

フリップカメラはLEDフラッシュごとフリップする

セルフィー時、ディスプレイを白く光らせてフラッシュ代わりにするのが普通のスマホですが、Zenfone6は強力な背面LEDライトをフラッシュとして使用できます。

いやー、発表された当初はキワモノ枠、変ガジェットかと思ってたのですが、実際使ってみるとフリップカメラは実に理にかなっていると分かります。

フリップカメラの微妙に惜しい点

アプリの実装にもよるのですが内部的にカメラを使用するアプリの中にはフリップカメラの角度調整までできるものがあるんですよね。めちゃくちゃ便利なのですが、、、

例えばGoogleマップのARナビでカメラの角度を変えて使うと映像と端末の傾きが一致しなくて誤動作するんですよね。

アプリ側で機種依存のフリップ角度なんて捉えれるわけないですから、OS側でフリップ角
のオフセット値をジャイロセンサーの出力にする、みたいなオプションが欲しいところです。

GoogleマップARナビの使い辛さは、周りから写真、又は動画撮影しているように見られる事だと思うんですよね。

フリップカメラはそれに対する一つの回答のように思えます。

あとカメラのフリップ角度だけど180度じゃなくて200度くらいまでなら更に便利なのになっておもいます。出来るだけ遠くに手を伸ばしてスマホを垂直に構えてセルフィーを撮るのって(人間の)間接的に無理があるので、、、

夜景モードがめちゃくちゃ使える

以下、手持ちで撮影した写真です。

内部的には複数枚の写真を合成してるんだろうなあ、とは思うのですが、、、走行する電車も流し撮りみたいになっていて、まるで三脚で固定してバルブ撮影したみたいな。

下は超広角レンズ側で静止画を撮った写真。メインカメラと比べると少し暗めのレンズなのですが綺麗に撮れてますね。

望遠レンズ無しが惜しい

メインカメラが35mm換算で26mm、セカンドカメラ11mmらしいです。

超広角レンズの撮影が面白いです。ベタな作例を一枚。

私は旅行が好きなのでホテルの客室の写真を撮ってGoogleマップに投稿したりしてるのですが、この広角レンズは色々捗りそうです。

望遠レンズが無いのは、、、これは値段なりという事で妥協するしかないですね。

ハイパフォーマンス

私はあまり負荷の高いゲームはやらないので、そちら方面の評価はできないのですが。

私がスマホでやりたい最も重い処理は動画編集なのですが、それを難なくこなす余裕ある性能は頼もしいです。

下の動画はGoProで撮ったFHD動画をトリムして出力しているの図。

下の動画はZenfone6のメインカメラで撮った4K/FHD動画を前後トリム、色調変更、手ブレ補正をかけて4Kで出力した図。

これだけ快適に動画編集できればドローンで撮った動画をその場で共有とか、難なくこなせそうです。

Zenfone Max系と比べると電池の持ちは悪いが

Zenfone6はそのパフォーマンス故に同じ5000mAh系のスマホと比べると若干電池の持ちが悪いんですよね。
(快適に動作するので、かなり高負荷をかけちゃってるかもですが)

しかしそのデメリットを覆すくらいQuick Charge4.0の充電関連は便利ですね。

それに関する先日の日記はこちら。
USB Power Delivery互換(Quick Charge4.0)のASUS Zenfone6が素敵すぎた – Captain’s Log, Supplemental

Wi-Fi中継機能がめちゃくちゃ便利

今までもZenfoneの上位機種にのみ実装されていた機能らしいのですが。

Wi-Fi接続時にテザリングをOnにすると、接続したWi-Fiをテザリングで共有するという素敵機能。

例えば、客先とか友達の家、ホットスポットのあるカフェ、ホテルなどでZenfone6でローカルWi-Fiに接続しテザリングをOnにすれば自分の手持ちの他のデバイス(ラップトップ)も間接的にローカルなWi-Fiに参加できます。(当然、あらかじめZenfone6と手持ちデバイスの接続は済ませておく必要はありますが)

デバイス毎にWi-Fiに接続する手間が省けるので非常に便利です。

第2SIMスロットが独立してるのが素敵

実は私がZenfone6を買おうと思った一番のポイントがこれだったりします。

メーカー各社もDSDS、DSDVをサポートする機種を発売はしてるのですが、ほとんどが第2スロットがSDカードと排他なんですよね。それって実質、名ばかりデュアルSIMでは?って。

SIMスロットが独立してるスマホってむしろエントリー機種に多く、ハイエンド機ほど排他の傾向なんですよね。

Zenfone6くらいのスペックのスマホでこれを実現してくれるのは非常にありがたいですね。これで海外で現地SIMを刺すためにSDカードを外さなくてよくなりました。

まとめ

防水無し、望遠レンズ無しが私的には残念ポイントですが、それ以外は私的完璧仕様です。

小旅行くらいならZenfone6と少しズームの効くコンデジがあれば、何の不自由も無く過ごせそうです。

予備機が一台欲しいくらい。

via PressSync

USB Power Delivery互換(Quick Charge4.0)のASUS Zenfone6が素敵すぎた

先日、国内版のASUS Zenfone6を入手したのですが、このデバイスは「メーカーのフラグシップモデルなら当然備えているであろう」と思われる色んな機能が省かれて低価格化が図られています。

具体的には「カタログスペック的に重要なSoCにSnapdragon 855を採用したい」っていうのがありきで、色々引き算で設計しているように感じます。

高性能なSoCを採用したからと言って機能をフルに引き出すかはメーカー次第なのですが、例えばZenfone6はHDMI出力(DisplayPort)非対応などが低価格モデルの弊害なんだろうなぁと。
3Dゲームがヌルヌル動く性能なのにもったいない。

しかし充電に関してはQC4.0をきっちり実装していました。

※純正のAC充電器はおそらくカタログスペック通りの数値なので特に計測してません。

Apple 61W USB Type-C充電器(PD)で充電してみたの図。約14Wで充電できてます。

Anker PowerCore20100(PD)で充電してみたの図。15W近く出てる。誤差の範囲か。

Anker PowerCore10000(PD)で充電してみたの図。約14W。普段持ち歩くモバイルバッテリーはサイズ的、充電効率的にこれですね。

Anker PowerCore II Slim(QC3.0?)で充電してみたの図。約12.8W。電圧が上がっており後方互換を確認。

まとめ

充電機器を選ばずに急速充電が可能なのはめちゃくちゃ便利です。

ただ急速充電は温度管理されているとはいえ熱を持つので「出先でどうしても空中給油したい」というシーン以外ではあまり使わない方がいいと思うんですよね、個人的には。

夏場にQC2.0のZenfone2の充電で負荷をかけすぎて電源周りがおかしくなったことがあるんで^^;

就寝中に使う充電器はわざと低スペックな充電器でゆっくり充電するのがエコなのでは?とおもいました。

via PressSync

ASUS Zenfone6のカメラで色々撮ってみた

全てオート撮影で撮って出しです。

夜の飲食店の外観を外から。

店内の照明は暗めですが何も考えずにパシャパシャ撮ってみました。

2件目は少し明るめのお店。これくらいの明るさだとかなり安心感がある撮影結果になりますね。

動画撮影

広角のセカンドカメラで撮ってみました。

びっくりしたんですが、最近のスマホってこんなに電子手ブレ補正が効くものなんですかね?上の写真みたいに雑にスマホを掴んで撮ってるだけなのですが。

、、、となると自転車にスマホをマウントすれば簡易車載カメラになるんでは?カメラの角度も簡単に変えれるし、と変な助平心を出してしまったんですが。

うん、無理っぽい。

そもそもなのですがZenfone6のフリップカメラは閉じた状態でも衝撃に弱いというか、小さなギャップを拾うだけでこういう警告が出るんですよね。これは精神衛生上、非常によろしくない^^;

まとめ

勝手にアクションカメラ代わりになるかな?って期待してしまいましたが、それは無理ですね。そもそもフリップカメラは閉じてる状態でも衝撃に弱い。

しかし予想外に手持ち動画撮影時の手ブレ補正が効いてくれるのが嬉しい誤算でした。これだけ撮れれば積極的にZenfone6で動画撮影しようと思えます。

静止画撮影もかなり綺麗ですし、デジカメを忘れた時の保険にもなりそう。

via PressSync

キャットアイ(CAT EYE) アウトフロントブラケットがGoProマウントにもなって素敵

私は自転車用のライトにVOLT700を使用しているのですが、付属の取り付けブラケットはハンドルバーに取り付ける形なのです。

ロードバイクの場合、前傾姿勢での乗車になるので、ライトと顔の位置が近い為、同じくハンドルバーに取り付けたスマホやサイコンに視線落とした時に非常に眩しいのです。
ロードバイクの場合はシフトワイヤーにも光が当たって反射して、これまた眩しい。

というわけでタイトルのブツを入手してみたのでした。

続きを読む キャットアイ(CAT EYE) アウトフロントブラケットがGoProマウントにもなって素敵

余っている液晶TVをラズベリーパイでフォトフレーム化(デジタルサイネージ化)した

入手したのは現時点で最新のRaspberry Pi 3 Model b+です。

ラズベリーパイ初体験で、ラズベリーパイとはどんな物かも知らない状態からのスタートだったのですが、OSを起動してみると普通にパソコンみたいでびびりました。

クロミウムというブラウザがプリインストールされているのですが実用的な速度で動作する為、ラズベリーパイ単体でググってラズベリーパイを目的の設定に変えていけるという、超実用的なデバイスだと感じます。

私は普段LINUXコマンドを打つ事が全く無いので知識がなく、ブラウザから直接コピペ出来るのは非常に助かります。須藤(sudo)って誰やねん?ってレベルです。

これをパソコンとして使えるか?と問われると普段使用しているアプリケーションの有無的に答えは当然「否」なのですが、「リビングのTVにそこそこ優秀なWebブラウズ機能を追加したい」とかNAS化させたいくらいの目的なら十分実用的ですし、そういう目的での購入動機も全然ありだと思います。

クロミウムはGoogle ChromeのベースになったブラウザらしくGoogle各種サービスとの親和性は抜群なのですよね。

Googleに魂を売っている人なら十分にパソコンとして使えるかもしれません。

なんでこんな本題に関係のない事を書いてるのかというと、私が触ってみた感じRaspberry Pi 3 Model b+のパフォーマンスは良好で、もし何かの自作に挫折したとしても腐る事は無い良デバイスだと感じたからです。興味があるならとりあえず買えばいいと思う。

続きを読む 余っている液晶TVをラズベリーパイでフォトフレーム化(デジタルサイネージ化)した

GoPro Hero7+Karma Gripを海外旅行で4K 60FPSハンディーカムとして使ってみた

GoProは撮影解像度を4K 60FPSに設定するとSuperSmoothがOffになり手ブレ補正が効かなくなるのでこの撮影モードでハンディーカム的な撮影をしたい場合はジンバルが必須になります。

私は純正のKarma Gripを使用しています。

一般的なハンディーカムと違って光学ズームが出来ないという弱点がありますが、自撮り棒みたいな構造なので、真上に掲げて高い視点から撮影したり、逆に低空で撮影したり、被写体スレスレを通過するような撮影をしやすかったり、ある意味ハンディーカムを超える面もあります。

Karma Gripはパンした時の反応が一拍遅れる(仕様)ので、思い通りにカメラの向きを変えたい場合に血圧が上がる感じですが、撮れた映像を後から見返した場合、左右に迷っているシーンが軽減されているので映像作品としてみた場合は、これはこれでアリかな?と思えます。

連続撮影可能時間は極めて短し

4K、60FPSで撮影を行うと本体の発熱が大きいです。

(雪山とか以外の)大抵の撮影シーンでは発熱量が自然放熱量を大きく上回る為、時間経過により限界温度に達して自動的にシャットダウンします。

今回検証した場所はハノイ(ベトナム)とバンコク(タイ)だったのですが、連続で撮影できた時間は15〜20分と言った所でした。
(恐らく直射日光下だともっと短くなる)

シャットダウンのたびにバッテリーを抜いて人肌で急速に冷ます、という運用になります。
冷却ジェルみたいなのがあれば便利だろうなと思いました。

という状況ですのでKarma Gripをリュックベルト等に固定しての街歩きPOV撮影を行うには解像度を落とすしかないんだろうな、というのが個人的な結論です。

寒冷地なら高解像度撮影でも長時間撮影できるんでしょうけど。

Karma Gripは暗所の動画撮影に威力絶大

GoPro Hero7のSuperSmoothの効果は絶大で「ジンバルいらず」という宣伝文句は誇大広告ではなく事実だと思うんですよね。

しかしSuperSmoothは暗所撮影に非常に弱く、ノイズが出まくるのは有名で、私的にはGoPro単体での夜間の動画撮影は諦めていました。

しかしKarma Gripを使えばその弱点をも補えます。しかも4Kクロップ無しで撮れる。

下の動画はハロン湾のとある島の洞窟を撮影(4K 30FPS)

トンロー辺りの夜を歩きながら撮影(4K 60FPS)

ハノイで泊まったホテル(4K 60FPS)


ハロン湾のクルーズ船(4K 60FPS)

いずれの動画もISO上限800、カラーはフラットで撮っています。

Karma Gripは静止画撮影のブレ抑制にも(多少は)効く

Karma Gripを使えばグリップ部の押しやすい場所のシャッターボタンが使えるので、ボタンを押し込んだ瞬間のブレも少なくていい感じです。

まとめ

Karma Gripを使うと同時に極小のウェアラブルカメラであるというアイデンティティも失うわけですが、オプション品の取捨選択でいかなるシーンでも対応可能である、というのはqGoProの強みではないかと思いました。

GoProは不安定なカメラなので使っていてイライラする事も多いですが、この汎用性の高さはその不満を上回ります。

余暇旅行の場合、プールで泳いだりシュノーケリングをしたりする事もあるので、単体で防水機能のあるGoProはマジ使えるヤツです。

4K 60FPS撮影に関してはクールダウンタイムを設けるとか意図的な温度管理が必要です。
この撮影モードを使い込んで、どの辺りがGoProの限界か?を肌感覚で分かるようにならないと実戦投入は厳しいなぁというのが正直な感想です。

ただ高画質録画を長時間行うと排熱が問題になってくるのはGoProに限った話ではないのです。
最高画質で保存されるファイルは極大サイズで、編集に高スペックマシンが必要だったり、共有が難しくなったり、熱暴走は数多くある問題の一つに過ぎず、色んなデジタル機器が高性能化している現代においてもカジュアルに撮影するモードではない、と思うんですよね。

この辺の問題をトータルに解決しよう、という意気込みのある人なら、GoProの4K 60FPS撮影は十分に使いこなせる範囲の撮影モードではないかと思いました。

P.S.
Osmo Actionが発表されましたね。正直GoPro Hero7は熱問題に関係なく不安定なカメラなので、Osmo Actionの安定性如何では乗り換えは検討したいなと思います。

しかしGoProはメーカー純正のジンバル(Karma Grip)があるのに対し、Osmo Actionは将来的にどうなんだろ?ってのが気になる点ではあります。

GoProに滅んで欲しいわけではないのですが、GoProに真面目に仕事する気にさせる程度には脅かす存在になって欲しい所です。



via PressSync