飛ばす楽しみを感じるHoly Stone BOLT BEE HS150に惚れた

あまたのセンサーを装備し完全ソフトウェア制御で飛ばす高性能ドローンは、UFOキャッチャーのクレーンを動かすような感覚なので飛行以外の事に集中出来ます。

なので空撮などに非常に向いていると言えます。

しかしフライトそのものが目的の場合は自動制御の介入が大きすぎて、飛ばしてる感が薄いんですよね。

ってわけで完全マニュアルなHS150の入手に至ったのでした。

HS150は法規制外ドローンである

規制対象となる200gを大きく下回る69.5gなのでHS150は規制対象外です。

さらにカメラも搭載していないのでTHAIでも規制外です。あの国の場合、何が原因で因縁付けられるか分からないので、そもそも持ち込まないですし、飛ばす気もないですけど。

パワフル

公称値最高速度、時速50kmとあります。

条件が整わないとこの速度への到達は無理に思えますが、目視範囲内で行ったり来たりさせる分には時速30kmくらいは出てるだろうという感覚です。

機体が軽い事もあって反応もクィックです。

逆にいうと制動を掛けようとしてレバーを倒す方向を間違うと、物凄いスピードでかっ飛びます^^;

屋内で飛ばせる

この大きさならギリギリ屋内で飛ばせます。

屋内の場合、どうしても壁や家具などとの衝突は避けられず、プロペラガードやプロペラの消耗が避けられないってのはありますが。

しかしプロペラガード、これ必要?って思いますね。かなり細いので飛行には殆ど影響しないのですが、壁にぶつかった時や墜落時は、プロペラガードが撓んで全然プロペラをガードしてないっていう。

逆にプロペラは非常に頑丈で、プロペラがすっぽ抜ける事でダメージを軽減している感じかな。あんまり抜け過ぎると固定が緩くなりそうですが。

プロポが本格的

このプロポだけで5000円でもおかしくないのでは?というほどしっかりした作りです。

レバーが長くストロークが深いので精密な操作が可能です。

ゲームパッドみいたいなレバーが浅いプロポだとレバーを小刻みに倒して微調整する必要が出てくるんで、本当の意味でのドローンの操縦練習としてはどうなんだろう?と私は思っていますから、HS150の本格プロポは非常にありがたい。

プロポの警告音も本格派(これは褒めてない)

一回のフライト時間は4,5分くらい飛ばしたらバッテリー警告が鳴り始めるかんじです。

フライト時間の短さは想定済みなのでいいのですが、プロポから鳴る警告音が耳に刺さる感じで煩いんですよね^^;

いや、Mavicも同じなのですが、HS150はトイドローンなのだから、そこまで厳密に安全対策を実装しなくてもいいのでは?と思ってしまいます。

飛行音自体はかなり静かなんですが、プロポの操作音や警告音は隣の隣の部屋とかでも普通に届きますので、家で飛ばすのも気を使います。

同じ理屈で人気のある公園とかでも気を使って飛ばしにくいですねー。河川敷とかでも行かないと。

電池は持たない

HS150はスペアバッテリーが1個同梱されており最初から2個体制でフライトに挑めます。

が、充電ケーブルは専用で、それは1本しか同梱されていないので、リチャージ自体は非常にめんどくさかったりします。

この体制での出先でのモバイルバッテリーによる空中給油は時間がかかり過ぎるので、追加でモバイルバッテリーの買い増しは必須だと感じます。(追加で買うバッテリーには一個につき一本の充電ケーブルは付属します)

しかしプロペラなどを含めたこれら消耗品は結構高いんですよね。

プロペラとバッテリーが欲しいなら、ひょっとしたら本体をもう一台買い増したほうがお得な状況も起こりえそうです。

バッテリーを買い増しすれば空中給油は容易

「カネ次第」って感じであれなのですが、バッテリーをある程度買い増しすれば、殆どダウンタイム無く飛ばし続ける事は可能です。

普通に5V=1AのUSB充電ですのでモバイルバッテリーで並列充電可能なのもポイント高いですね。

しかし10本くらいは欲しいかなー、って思いますね、飛ばし続けたいなら。

まとめ

HS150は自動制御が手厚いドローンのフライトに消化不良気味の私にはぴったりのドローンでした。

多少風があっても風に逆らって飛べるだけのパワーがありますし、ある程度スペースがあれば屋内でも飛ばせる全天候型なのは、練習用ドローンとしては得難い資質に思えます。

欲を言えばもうちょっとプロポの音が小さければなーって思いました。

これプロポだけ別メーカーのを使ったりは出来ないのかしら…

via PressSync

Mavic AirのCPLフィルターを買ってみた

これからの季節の晴天時だと露出オーバーでシャッタースピードが速くなりすぎて動画がチカチカするのでNDフィルターは必須だろうなぁと前回のフライトで感じていました。

上の動画はフィルター無しで撮ったもの。

しかしNDフィルターってセット売りで1万前後しちゃう…けど聞いたことの無いメーカーでしかもレビューも付いてないものを買うのはリスクが大き過ぎるので試しに単品売りのCPLフィルターを買ってみました。


うお、これは予想外に良い質感。軽い。しかもアルミフレームの剛性感。このサイズで普通のCPLフィルターみたいに前側のリングがくるくる回るのですから驚きです。

Mavic Airは普通のカメラみたいにねじ込み式でフィルターを取り付けれます。

もちろんジンバルキャリブレーションにも干渉しません。

まとめ

まだ実際に使用はできていませんが、良品の予感です。普通のPLフィルターみたいに印が付いてないので手探りで効果を調整するしかないですが、このサイズ、価格では致し方なしかな。

このメーカーなら追加でNDフィルターを買ってもいいかな。

via PressSync

DJI Mavic Airを飛ばしてみたので感想などを

私は旅行が好きなので旅先で空撮映像が撮れたらいいな、とは常々思っていたんですよ。

今年の1月にDJIからMavic Airが発売され、スペックを見て欲しいなーって。
折りたたんだサイズもコンパクトで、なんとカメラがRAWにも対応してるんだって?

気がついたら家に届いていました。

部屋に飾りたくなるような美しいデザイン

アンボクシングの時点で梱包の丁寧さ、機体の質感の高さ、格好良さに打ちのめされます。

「機能美」これほどまでにこの言葉が相応しいマシンを手にしたのは何年ぶりだろう?

この日記を書いているのはMavic Airを入手してから2週間以上経ってるのですがいまだ興奮冷めやみません。

安全設計

GPS、コンパス、ビジョンセンサー、気圧計と、とにかくセンサー類が充実しているのですが、Pモードで飛ばしたら墜落させる事は不可能では?と錯覚するくらいのガチガチの安全設計です。

葉が全て落ちている木の枝を障害物として検知する精度には感心するばかり。

特にMavic Airは後方にもセンサーを備えており、操縦に慣れれば慣れるほどこのセンサーの有難さが身に沁みます。

Mavic Proは後方センサーを備えていないのですがMavic Proオーナーが可哀想になるくらい進化を遂げておりますね。

3軸ジンバルカメラによるFPVが熱い

送信機に接続するスマートフォンがディスプレイになるのですが映像はフレームレートが高く且つ遅延なく転送されます。

3軸ジンバルカメラの効果たるや凄まじく緩やかな旋回は勿論のこと、急加速急停止(非スポーツモード)と言った無茶な操作を行なってもカメラの向きは安定しています。

目視飛行が原則ではありますがこのFPVによるフライトは下手な3DゲームよりMavic Airを飛ばす方が簡単なのでは?と思わせる程に危険な機能です。

なので少ない動き、直線的な動きと言ったいかにも初心者的な操縦での空撮映像は非常につまらないものに仕上がるっていうね。

「これ動画?静止画かと思った。」みたいな。

空撮ドローンとして申し分ない性能を持っており操縦者の技量がモロに映像に反映されるので色々言い訳できませんね。

スポーツモードがパワフル過ぎる

加速が鋭い上に最高速度は時速68.4kmにも達するので使い所が難しいですが…これだけパワーがあれば急に向かい風が吹いたとしても自力で帰還出来る安心感があります。

この速度は上位機種をも上回っているのですが、機体が軽い事がパワーウェイトレシオ的に有利に働いているのでしょうか?

確かに強風時空撮の安定性を考えると重い機体の方が有利なのでしょうけど、Mavic Airの戦闘機のようなフライトは、それはそれで価値があるように思えます。多少の荒天時でも余裕を持ってとばせます。

GPS感度はそんなに良くない気がする

記載を見つけられないので恐らく「みちびき」には非対応かなと。
その日のファーストフライトの離陸の時、いかにも「コールドスタートです。」みたいな衛星補足なのです。

2回目以降の離陸はウォームスタートみたいな速度で衛星を捕捉するので、初回離陸時にちょっとだけ待てばいいだけではありますが。

山間で飛ばすと簡単にATTIモードになる

先程の「GPS感度はそんなに良くない気がする」に関連する事なのですが。

山にはセンサーが無効になる要因やセンサーを騙す要因が多く存在します。

衛星の掴みは勿論悪いですし日光で暖められた淀んだ川面、流れる川面。

おそらくMavic AirはGPSが最も優先されるセンサーだと思うのですが、それ故に衛星の掴みが悪いと致命的な誤動作を起こすんですよね。

高度維持が困難になり勝手に上下したり、流れる川面の上でビジョンセンサーが誤動作を起こして風も吹いてないのに水平移動を始めます。こえぇぇ。

このような環境(GPSの掴みが微妙に悪い場所)では最初からATTIモードの方が安全な気すらします。

Mavic AirはATTIモードの任意切り替えが不可なのでGPSが不安定な環境で飛ばすのは以後やめようと心に誓いました。

まとめ

私はMavic Proを飛ばした事がないので想像も入っているのですが、Mavic Airは単なるProの下位モデルではなく最新のテクノロジーが詰め込まれたフラグシップといっても差し支えないと感じました。しかも安いっていう。

しかし、、、私の場合旅人視点なのでMavic Proではなく、どっちかというとDJI Sparkとの比較になるのですが…

Sparkが圧倒的に優っている点はドローン単体で自撮りに使えるという点とサードパーティーを含めオプション品が充実しているのと本体から直接USB充電出来るので出先での空中給油が容易って事だと思います。

Mavic AirはUSB充電が不可ですし、Sparkのポータブル充電ステーションみたいな便利なものがないので出先での再充電は非常に困ります。Mavic Airは出先での充電が不便すぎて並列で急速充電する為にAC充電器を追加で2個買ってしまいましたわ。

Mavic AirはあくまでもMavic Proの弟分でガチ空撮ドローンであり、Sparkみたいにカジュアルに飛ばすドローンではないのであろう、というのが現時点の私の感想です。

「Mavic Airは本格的な空撮できる機体の割にはコンパクト」みたいな立ち位置かな。

割り切って自撮りドローンは法規制がかからない重量のRyle Telloでも買おうかな?って考えている自分がいます。

【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJI
DJI (2018-03-30)
売り上げランキング: 200

via PressSync

義母の海外旅行用にGlocalMeモバイルWi-Fiルーターを買った

私がGlocalMeを活用しようと思って買ったわけではなく、義母に貸せるかな?と思ってAmazonのタイムセール中に入手していました。

義母は一年に一回以上ヨーロッパ方面に旅行に行くんですが、デジタルデバイスといえばガラケー一つしか持ち歩かないという、僕的には「かっけー」と思ってたんですが、話をよくよく聞いてみると、どうやら現地での情報収集には苦労していた模様。

最近はようやく旅行中にiPhoneとiPadを持ち歩くようになったようです。

とは言えこんな人ですから人間とのコミュニケーションが取れたとしても空港で現地SIMを買うなんて事は絶望的ですし、毎回違う国に渡航しているので私としてもアドバイスのしようがなく諦めておったのでした。

しかし義母でもGlocalMeなら使えるのでは?と考えたのでした。

GlocalMeクラウドSIMの設定

専用アプリでQRコードを読み取ると機器の紐付けが完了します。

GlocalMeは簡単に初期設定行える親切設計だと思うのですが、義母がこれの初期設定を行える、、、とは思っていません。

なので私が初期設定したGlocalMeを義母に貸与します。

GlocalMeが一般的なモバイルWi-Fiルーターと異なる点は内蔵のクラウドSIMを使う場合、ユーザー登録が必須だという事です。このアカウントに対して通信パッケージなどをチャージして使用します。

チャージするにはネット環境が必須ですので、基本的には渡航前にチャージしておくのが良いと思います。

現地では通信残量が切れる前にチャージするかホテルのWi-Fiなどに接続してチャージするか?という事になるかと思います。

義母が渡航中は私が日本に居てますのでチャージは全て私が行えばいいわけですね。

ここまでお膳立てをすれば義母は「通信したい時はOn、使わない時はOffにする」という単純な使い方ができます。

人によっては日本国内のデータ通信もGlocalMeでいいかも?

日本だと1GB=7ユーロ(900円前後)です。

単純にデータ量単価で国内MVNOに比べると割高感はありますがGlocalMeは買い切りで基本料金がかかりません。

月々のデータ使用量が1〜2GBであればGlocalMeだけで運用可能かもと思いました。

また予測出来ない長期の海外出張が多い人などにとってもGlocalMeの買い切りプランは使いやすいと思います。
塩漬け回線を維持しなくていいですから。

通勤時間にこれだけのスピードが出れば十分ですね。

まとめ

なんか最近、中国メーカーの物ばかり買っている気がします。Mavic Airといい。

ここ数年、大手の物には限られますが中国製品の品質は劇的に向上してますよね。

中国人旅行者が日本に来て、わざわざ家電量販店に行く意味がなくなる未来はそんなに遠くないのでは?と危惧してしまいます。

via PressSync

PressSync(Pro,Free)Version 1.8.1の修正内容

今朝申請しました。数日中には公開されると思います。

機能的には特に変わっていません。スプラッシュスクリーン(起動画面)を軽い物に変えました。これだけです。

これを行わないと最近のiOSはモデル毎の解像度の違いが増えてきておりまして、機種が増える毎に専用サイズの画像を作る必要がありました。

解像度毎に画像を用意する事の問題点は手間もさることながら増やす毎にアプリのダウンロードサイズも増えるので気にしておったのです。Apple的にもベタ塗り一枚画像の重たいスプラッシュは推奨してないようですのでこのたび動的に中央にアプリアイコンを表示するスプラッシュに変更しました。

この画像はデザイナー様に作って頂いたもので個人的にも非常に気に入っておったのですが、それを起動時に見れなくなることは非常に残念ではあります。

しかしこれによるユーザー側のメリットもありまして、アプリのダウンロードサイズがかなり削減された事と、iPhone XとiPad Pro 12.9の解像度に対応させる事が出来ました。

今後ともよろしくお願い致します。

via PressSync

超小型スマホ Jelly proのケースとかアームバンドとか

純正ケース

ストラップホールならぬカラビナホールが付属するスマートフォンケースは今まで見た事がありませんw

純正品だけあって各種インターフェイスに開口部がぴったり合っています。

アームバンド

こちらも純正品なのでジャストフィットです。

Jelly proはとても小さなスマートフォンではありますが、MP3プレーヤーなどと比べるとやはり大きいですね。それなりに存在感があります。

この状態で走ってみましたが重さを感じない程には使えますし、その軽さ故に腕振り動作で装着位置がズレるという事もありませんでした。

私の経験上ですがiPhone SE以上の重さになると身体の重心も狂ってきますし、重さでずれてきたりしますので、圧倒的軽さを誇るJelly proは現行最強のフィットネススマートフォンかもしれません。

GPSも付いてますので、これ単体でアクティビティ記録可能ですし、もちろんBluetoothで音楽を飛ばしたりも可能です。

これで防滴性能くらいあればなー。

via PressSync

超小型スマホJelly proを買ったのでGPSデータロガーとして使えるか検証してみた

買わない理由を探しては見送ってきましたが結局買っちゃいました。

主な用途はGPSデータロガーを想定しています。

意外と文字は打てる

他の方のレビューにもあると思いますがQWERTYキーボード親指入力でも打ち間違いは多くなるものの、現実的なレベルでの入力が可能です。
しかし画面の端の方はかなり認識が悪い模様。

画面左上に戻るボタンが共通的に表示されますが、これを狙って押すことは困難です。しかしホームボタンの左のタッチボタンが固定的に「戻る」にアサインされているので困る事はないです。

困るのは右上に配置されているボタンですね…かなり難度高し。

パフォーマンスは良いがバッテリー残量が溶けていく

画面の解像度が小さい恩恵だとは思うのですが、何を行ってもキビキビ動作しています。

Lightroomモバイルすらも実用的なレベルで動作するという意外なほどのハイパフォーマンス。しかしながらバッテリーの消耗も激しくTwitter閲覧とか軽めの操作をしてるだけでもすぐにデバイスが熱くなります。というかバックライトの消費電力の割合がほとんどですので、CPUの負荷というよりはスマートフォンの画面を覗いている時間が同じならば、どんな処理をしていたとしても等しくバッテリーを消費する感じです。

輝度90%でNetflixを観たら2時間くらいで切れます。気になるのはBluetoothの消費電力ですね…この時確かにBluetoothはOnにしていましたが何も接続していませんでした。

消費に対して充電速度は速くない

計測してみたところ5V=0.44Aという昔ながらの入力です。気になったのは頻繁にに電流が0.2A付近に落ちてまた0.44付近に戻るという挙動なのですが、なんだろこれ?

フル充電には2時間半前後かかりますが使い方によっては使用時間よりも充電時間の方が長い、といった事が起きます。

Jelly proは格安スマホも真っ青な程に普通に使えるAndroidスマートフォンですが、どういう仕組みでバッテリー残量が消費されていくのか?という事を理解し自己解決出来る人しか使ってはいけない端末だと感じます。

GPS精度は普通

買う前から他の方のレビューなどを見てGPS精度は悪いと覚悟していましたが、思っていたほど悪くなくて安心しました。最近のGPS精度が良いと言われている機種と比べると悪い、というレベルですので格安スマホ感覚で十分実用に耐えます。

専用のGPSデータロガー並みのサイズで自発的に通信の行えるAndroidスマートフォンであるということは非常に有利な点があります。

いろんなGPSアシストを受けれるので屋内でもそれっぽい座標を得ることができるので記録が途切れる事は無いですし、自動的にGoogleロケーション履歴にアップロードしてくれるので、私みたいなデータジャンキーにとってはライフログ的な位置情報の記録に非常に向いているデバイスです。

GPSデータロガーとして使った場合の電池の持ち

使用するアプリはGPSLogger、Jelly proは常に身につけた状態での計測です。

検証1

「GPSを常にOn」はOff、「保存周期」は15秒間隔、「活動状況の自動認識」はOn。この設定で約12時間保ちます。おお、これは意外なほど良好な結果。

検証2

次はちょっと欲張った設定で「GPSを常にOn」はOn、「保存周期」は10秒間隔、「活動状況の自動認識」はOn。この設定だと4、5時間しか保ちませんね。「GPSを常にOn」オプションはかなりバッテリーを消耗する模様。

検証3

今度は検証1の設定でWi-Fiテザリングを常時Onの場合。GPSデータロガー兼モバイルWi-Fiルーターって素敵やん?と思ったけど4時間くらいしか保たないな。これは厳しい。

まとめ

Jelly proは市街地におけるGPSデータロガーとして非常に優秀だと思います。いや他にももっとGPS精度がよくて電池の保ちがよい端末はいくらでもあるんですがね。この小ささだけは今のところJelly proの代替になるものは無いです。

via PressSync

安い家庭用トレッドミルの防振対策

自転車による運動が快適に行えるか否かは季節に大きく依存するので全天候型の運動手段が屋内に欲しかったんですよね。

ってわけでトレッドミル(アルインコAFR1016)を導入したのですが、これが想像通り稼働中の騒音が気になるレベルで。

いや、足音、ベルトの摩擦音、モーターの駆動音とか耳で聞こえる騒音はそれ程でもなく「アルインコ流石だな」と感じたのですが耐震性が業務用トレッドミルと比べると簡易的というか「皆無」でして床にガンガン衝撃が伝わっていました。

速度を上げるとトレッドミルの横に立てているタブレットスタンドが小刻みに揺れておる…

付属のシートやエクササイズバイクに付属していたラバーシートを二重にに敷いた所で効果は薄く床に傷を付けないくらいの効果しかありません。

音と違って衝撃は床材や外壁を伝うので出来るだけ元からシャットアウトしたかったんですよ。

というわけで以下の記事を参考にトレッドミル台をDIYしてみました。
材質の異なる板状の物を重ね合わせただけで好きけどね^^;

ルームランナーの防振対策

施工

用意したのはジョイントマットとコンパネ板。

ジョイントマットを敷いた上に硬いコンパネ板その上に付属のフロアマットを敷き、トレッドミルの衝撃を面に分散してジョイントマットで受け止めるという簡単な仕組みです。

効果のほどは?

キタ!本気で走ってもタブレットスタンドが微動だにしない!あと心なしか足の衝撃も緩和している気がします。

材料費も安く上がったので大満足であります。

コンパネ板のサイズが足りないと二進も三進もいかなくなるのでちょっと大きめのサイズを選んだ結果、付属のフロアマットで覆い尽くせない面積になっちゃいました。

広い面積の土台で衝撃を受けた方が効果は高そうですからね。トレッドミルに合わせてコンパネをカットするかは当面状況を見て考えたいと思います。

多分コンパネ板に合わせた大きめのフロアマットを入手することになるかな。

まとめ

耐震性って家庭用としては必須で求められる性能だと思うんですが、、、

トレッドミルみたいに安全基準だの耐久性だのそれでいて収納性だの消費者に求められるハードルは高く、安価な製品でそれを実現する事が難しい理屈はわかります。

それ故に家庭用トレッドミルとは矛盾のはらんだジャンルの製品だなと感じます。

大きな一戸建てに住んでいる裕福な家庭ほど安いトレッドミルをノーカスタマイズで使えるし逆の場合はより高価なトレッドミルが必要っていう。

しかし家庭用トレッドミルでも設置の仕方を考えれば衝撃や騒音に関してはかなり緩和できる事がわかりました。

全天候型の有酸素運動マシンが自宅にあると非常に便利です。今後も活用していきます。

via PressSync

ロジクール Bluetooth M336マウスが軽くて使いやすい

Bluetoothだと起動直後とかサスペンドから復帰直後の再接続のネゴシエーションに数秒かかったり電波干渉を受けやすく接続が不安定だったりするので必ずしも好きなジャンルの製品ではないのですが、最近のノートパソコンやタブレットは大抵Bluetoothを備えているので専用のUSBドングルなどを必要とせずに気軽に使えるのでその点は気に入っております。

で、今までは旧型?のM557を使っておったのですが、先日のサイバーマンデーのセールでM336の黒が1500円くらいだったので試しに買ってみたんですよ。これがなかなか良い。

なかなか良いので年が明けてから普通の値段で色違いの赤も入手しました。
一台はWindows用、もう一台はMac用として使っています。

軽さは正義

何が良いかと問われるとその軽さです。
旧型は単三電池x2でしたが新型はx1という割り切ったデザイン。

というわけでカタログスペック的には電池が10ヶ月しか持たなくなっていますが個人的にはBluetoothマウスが電池1本で10ヶ月も持てば必要十分なスペックです。

旧型の電池寿命は単三電池x2で12ヶ月、新型は単三電池x1で10ヶ月とのことで燃費的にはむしろ新型の方が良くなっているはずです。

それでいて単三電池x1分の電池BOXが不要になっているぶん小型軽量化という恩恵があるわけですから、いいことづくめの正統進化のように思えます。

旧型に比べるとポインタの移動がスムーズ

新型は恐らくレーザーがアップグレードしているからだと思いますがポインタの飛びが少なく且つスムーズです。

今までつかってきたBluetoothマウスのポインタの軌跡はCPUに負荷が掛かってるんじゃないか?不安に思えてしまうような荒さでしたがM336はかなりUSBマウスに近い感覚です。

最近私はPCデスクではなくリビングとか自由気ままな場所でパソコンを操作する事が多く、マウスパッドを使う事がほとんどないのですが、ガラステーブルで使わない限り、大抵の環境でマウスとして使い物になります。素晴らしい。

まとめ

Bluetoothマウスは安定性の面でプライベートなパソコンでしか使いたくないな、と思っていたのですがM336は「仕事でも使えるかも」と思えるマウスでした。

旧型と同じく親指ボタンとか多機能ボタンが無いのが残念ですが色んなプラットフォームでドライバレスで動作すべきBluetoothマウスにそれを求めるのは酷でしょう。

割り切って愛用していきたいと思います。

消耗品ですので手頃な値段で入手できる事もありがたい。実売価格もそこそこ安いですしサイバーマンデーとかプライムデーと言ったさらに安くなるタイミングで予備を入手しておきますかね。

Logicool ロジクール Bluetooth マウス M336 ブラック M336BK
ロジクール (2015-09-10)
売り上げランキング: 201

via PressSync

Zwiftがランニングをサポートしたのでランニングマシンでも買おうかなと

イースターエッグ的な隠し機能として既にランの機能はあったみたいなのですが、気がつけば普通にランを選べるようになっておりました。

で、どんな機材とかセンサーが必要なんだろう?と思って調べてみたら、センサーは既に持っているWahooの乳バンド式心拍センサーが使えた!

心拍計、ランのスピードセンサー、ケイデンスセンサー、全てのセンサーを一台で賄えているのですが…スピードセンサーとケイデンスセンサーって何が違うの?wってか確かにこの心拍センサーはモーションセンサーも備えてるのでランニング中の動きを捉える事は可能だろうけど…

実際走ってみた

認識わるっ!三叉路で呆然と立ち尽くすわたし。
かなり激しく走らないと認識しなさげですね。私はちんたらウォーキング派なのでこの心拍センサーでは実用無理そうな気がします。別途靴に付けるセンサーを用意した方が良さげです。

まとめ

ローラー台自転車はベランダに置きっ放しなので乗りたい時にすぐ乗れて便利なんですけど、冬場は寒すぎるんですよね。汗をかくほどに身体はすぐ温まるんですが、呼吸器系が痛いし、露出している肌が寒さで真っ赤に。

屋内に入れたらという話なんですが、タイヤカスや油汚れを屋内に持ち込んじゃうので全力で却下されております。

というわけでランニングマシンが欲しいなと思ってたんですが、何かいいのないですかね?

via PressSync