リモートワーク用に格安スピーカーCreative Pebbleを購入

仕事中にパソコンからBGMを流すときはモニター内蔵のスピーカーを使用していたのですが残念音質なので、独立スピーカーを探しておりまして。

私のPCデスクは2台の液晶モニターをアームで固定していてモニターの左右にスピーカーを置くスペースが無かったんですよね。 机から買いなおすのは流石に諦め。

なのでディスプレイの下に配置できる小型スピーカーが欲しいな、と思っていたのですが、考えていた予算枠のスピーカー(1~3万円)ってどれも作りが大きくしっかりしていて置けそうなのが見つけられませんでした。

サブウーファーがセバレートの製品は主スピーカーが小さいので置けそうかな?とは思ったんですが、サブウーファー付き製品って用途的にはどれもゲーミングっぽいのです。

このジャンルは一日中音を出 してたら絶対聞き疲れるやつだ、と思って却下。 本気でゲームをするときはヘッドホンを使いますんで。

というわけで試しに選んでみたスピーカーがCreative Pebbleでした。 音質的にJBLも好きなので悩んだのですが省電力モードからの復帰時の不具合レビューが散見されたので避けた次第です。

安い、評価高い、品質良い

思えば私はWindows98くらいの頃からクリエイティブにはお世話になってましてグラボとかサウンドカードとかスピーカーとか色々買ってました。

PC周辺機器メーカーとしてはかなりの老舗ですね。 2,000円以内という価格でまともな音が鳴るのかな?という疑問を抱きましたが、見知った実績あるメーカー商品のレビュー内容に嘘偽りは無かろう、という事で安心して購入に至りました。

もし失敗したとしてこの値段ですからね。

必要十分

音質に関しては間違いなく価格以上です。というかこのサイズでこれ以上を求めるのって難しいんじゃないかしら?と思うほど。

そして、このスピーカーサイズこそ、パソコン用スピーカーとしてはベストだなと感じたのですよね。
パソコン用のスピーカーって配置場所的にユーザーの近い位置に置くケースが多いと思うのですが、となると大きなスピーカーになるほど定位位置へのスピーカーセッティングって困難になります。

サイズ的にCreative Pebbleは自由自在に配置可能ですし、定位がばっちり決まる。 下手にサイズ大きな高級スピーカーを使うと「なんか微妙に中央に定位しないな」みたいなストレスに常に悩まされるのですが、そのストレスから解放されるのは非常に大きいと思いました。

まとめ

私は、いいお年頃なので2000円以下の スピー を使うのは流石に恥ずかしいかな?と思ったんですが、実際使ってみたら「これしかない」って結論に至りました。 確かに「本気で音楽を聴く」スピーカーとしては力不足ですが、用途はバソコンで作業中にBGM等を流す用途ですからね。

適度な音圧でそれなりに聴きごたえがあり、それでいて長時間聞いても「疲れない」、音量を下げても細部の音まで聞き取れるといのはパソコン用スピーカーとしてベストです。

この製品は「5000円位 でも買う」というクォリティーですね。 見知った他社メーカーに競合製品も少ないので、もし買い替え時に入手困難になってたら1万円以内なら買っちゃうかも、、、という感じです。 いい買い物が出来て満足であります。

スピーカー筐体としては、これで完成しちゃってる感があるので次回買い替え時期くらいには多少値段が上がってもいいので「筐体そのままでUSB/DAC内蔵で音質向上、配線スッキリ」とかを期待してしまいます。

via PressSync