GoPro Hero10用にINKEE Falconを購入

Amazonで比較的評判のいいマーチャントが安値(1万円以内)でINKEE Falconを販売していたので買ってみました。

本音を言うと私はGoProにジンバルは要らない、と思っている派なんですよね。
いや要らないというか、GoProでジンバルを併用するようなシーンはDJI_Pocket2でいいよね、と思っています。
しかし、私は今GoProのリモコンアプリを自作していてジンバルも使ってみないとジンバル利用時のニーズが分からんな、と思って頑張って使ってみる事にしたのでした。

Falconの良い点

アクションカメラに特化しているという事で機械式のジンバルとしてはとてもコンパクトです。
GoPro仕様のブラケットがジンバル側に設けられており、Hero8以降のGoProならば追加パーツを必要とせず直接本体を取り付けれるようになっています。
このブラケット部分はアルミになっていてGoProの熱を効率的に逃がしてくれます。
バランスを取るのも最初の一回だけでよいので、一般的なジンバルと比較すると撮影開始までのひと手間が減ります。
これらは汎用性を犠牲にした専用品ならではのメリットって感じですね。
下端に雲台用ねじ穴が設けられているのもトレンドを外しておらずGood。 グリップを兼ねた三脚が付属するのも最近のトレンドですよね。
DJIのそれと比較すると質感がやや劣る感じはしますが、それでも十分に質感が良いので得した気分です。 これは他の用途にも使えるので。
INKEEっていうメーカーは初めて聞きましたが日本語のマニュアルもちゃんと用意されていて好感度アップ。 ファームウェアアップデートやキャリブレーションを行うためのiosとAndroidの対応アプリが用意されており、継続的なサポートをしてくれるメーカーなのだとある程度判断できました。

こういうのが無いと粗悪品を売りっぱなしにするメーカーじゃないか?と疑っちゃいますからね。

Falconの悪い点(微細な振動問題)

パワーが弱いのかモーターの問題か、微細な振動を殺しきれていません。 撮影時のGoProのライブビューを見ている感じでは非常に安定しているように見えるのですが、実際の映像は歩行時の縦揺れの衝撃でビビッてます。。。

YouTubeなどの紹介動画で手振れ補正をOFFでの検証をしてる人が少ないので探すのが大変でしたが、他の人も似たような感じなので個体差による問題ではないですね。 そしてYouTubeの紹介動画では何故手振れ補正OFFの検証動画が少ないのか、自分で使ってみて色々納得した次第。

FalconはGoProの手振れ補正と併用するしかないな、というのが個人的結論です。 それってジンバルを使う意味あるの?という根本的な疑問になっちゃうのですが。。。

電子手ブレ補正ON

電子手ブレ補正OFF

同じシーンをDJI Pocket2で撮ってみたの図。

DJI Pocketが無双状態ですね。INKEE Falconを紹介しているYouTuberの暗所の作例が、なぜにあそこまで見れるクォリティーなのか不思議であります。

Falconの悪い点(GoProとのBluetooth接続不安定)

FalconはBluetooth接続でGoProを制御できます。
ジンバルの電源On時に自動的にGoProにBluetooth接続を行い、ジンバルの電源Off時にGoProにスリープコマンドを送っています。
これにより、GoProの電源がジンバルと連動するようになっています。

左側面にビデオ、写真、タイムラプスの3つのボタンがあり、それぞれのボタンを押せばそれぞれのモードで撮影が開始される便利機能ボタンがあります。
一つのボタンで「モード切り替え」と「シャッター」の2コマンドを連続で送ってる感じですね。

これ自体はとても便利な機能だと思うのですが、如何せんBluetoothの接続製が不安定なのが残念ですね、、、
それと、The Remoteみたいに任意のプリセットを選択できるわけではないので、ユーザーインターフェースとしては他の一般的なGoProのサードパーティーリモコンのように、モードとシャッターの2ボタンだけの方が分かりやすいし使いやすいんじゃない?と思ったり。

まとめ

純粋なジンバルの性能としては疑問視しちゃいますね。カメラ側の電子手振れ補正をかなりアテにしている設計です。 ベイロード内に収まるカメラだとしても、全てのカメラが適合するのか、かなり疑問であります。
例えばSONYのRX0をFalconに乗せて実用に足る? GoProの場合は電子手振れ補正が異次元の性能なのでなんとか使えるレベルですが。

仮定の話はさておき、カメラ側の電子手振れ補正の併用が必須という事は確かで、そうすると「撮影時のクロップを完全に無くしたい」というニーズのユーザーは、この商品は合わないわけです。

上記の事は気にならないという一般ユーザー視点で語ればそこまで悪い製品ではない、現時点では他に競合の無い製品だとは思っていて。値段とかも加味すれば。

GoProでウォーキング撮影を行う場合って、必ず自撮り棒とかShortyなりのハンドルをGoProに取り付けて撮影すると思うんですよ。 それを考えるとFalconのサイズ感なら自撮り棒代わりに使うのはありかな?とは思うんですよね。

Falconで電子手振れをOn(Hypersmooth標準の控えめ設定)にして撮影したほうが映像の質は上がりますし、低い位置の撮影が楽になるのはジンバルならでは。
画質をあまり損なわずに全画角で水平維持を使える。夜間撮影も若干マシになる。

アクティビティー好き旅人視点で語るとGoProって完全防水なので絶対に外せないカメラになります。
できるだけ荷物を減らす目的でGoPro1台に汎用的に色んな撮影シーンを担わせたい、となるとFalconの導入は十分ありかな?と感じました。

しかしやはり私個人としては冒頭で書いた通りDJI Pocket2との併用でいいかな、っていう結論ではあります。 私はGoProをウォータースポーツとか自転車ときどき車載カメラといったアクティビティー用途と割り切ってますので。 Falcon(約300g)よりDJI Pocket2(117g)のほうが軽いのでカメラを一つ多く持ったとしても実はトータル荷物は軽くなりますので。。。

via PressSync

GoPro Hero10入手、発熱が少なく実用的なカメラだと思う

GoProはGoPro Hero7、GoPro Maxと利用してきて、今回GoPro Hero10の入手になりました。

Heroシリーズは7からのアップグレードなので機能面での進化は期待していたのですが、買う前のユーザーレビューなどの事前情報として「発熱によるシャットダウン問題」「長時間撮影が行えない」というレビューが散見していたので、その点は覚悟した上での購入だったのですよね。

実際私はGoPro Hero7をタイとかベトナム、沖縄、日本の酷暑の夏とかに使用して、この問題には散々悩まされたので、この問題は最新機種でも未解決なのか、、、という心積もりだったんですよね。
熱で落ちたら、冷えたバッテリーに交換して撮影続行ってことが当たり前の世界で「あの悪夢再びか」という覚悟。

しかし私は今まで5.7Kでの連続撮影をGoPro Maxで何度も行ってて一度も落ちたことってなかったので不思議だったのですよね。
確かに夏場に車載カメラとして電池が切れるまで連続稼働させると最終的にかなり熱くはなりますが、Hero8でマウント方式が変わって以降、GoProの熱問題はかなり解消したのだと思っていました。

やはり熱問題は杞憂だった

5.3K、60FPS、ビットレート高の設定で電池が切れるまで自転車に乗せて連続撮影してみました。
外気温は天気予報アプリを信じれば、15度~17度くらい。

電池が切れた直後に温度を測ってみたのですが、カメラに手を触れた時点で測る気が起きない程の低発熱。人肌より低い。。。
とはいえ折角なので測ってみましたが、約30度という所でした。

バッテリーも測ってみましたが、こちらも大して発熱しておらず、手間取っている間にどんどん温度が下がっていく。。。

この感じだと、サイクリング用途なら夏場でも熱によるシャットダウンは気を付けなくてもよいレベルだと思います。

GoPro Hero8以降のリプレースメントフィンガーが放熱に大きく寄与している

やはりHero7は専用ケースに入れた上でマウントに接続するという方式なので、風による空冷が期待できるシーンでもそれが阻害される、という問題があったのだと思います。

その点、リプレースメントフィンガー方式はボディー全面で空冷が効くのは大きい。
また、このリプレースメントフィンガーは、これ自体が熱伝導性が非常に高く、マウントや、サムスクリューに対して熱を逃がしているんですよね。

私はGoPro MaxはGoPro純正のShortyで使うことがあるのですが、撮影中に金属のサムスクリューを触るとほんのり暖かい。
さらに高熱になれば、おそらく芯の部分にまで熱が伝わるようになっているのですが、やはり純正品はちゃんと考えて作られてるんだなと感心しました。

サードパーティ製のマウント選びは放熱性も意識したほうがよいと思う

私はGoPro Maxを使用時にこの放熱の仕組みには気が付いていたので、サードパーティ製のマウントを使う場合は極力熱伝導性の高いものを選んでいました。

Peak DesignのPOVマウントは高いだけあって素晴らしいですね、、、サムスクリューの材質が全て金属で高級感があり、熱伝導性も素晴らしい。

ただPeak Designは高くて何個も買えないので、予備用にHSUのを何個か買っています。
HSUのサムスクリューは長さと質量が適度で、ヒートシンクとしては最強かも。(上記は私の自転車に取り付けているHSUのGoProマウント。ブラケットもアルミなので放熱製抜群です。)

まとめ

GoProってHero7の登場以降、観光地でよく見かけるようになりました。
しかしGoProってHero7の頃はコンシューマ向けとしてはかなり難しいカメラだよな、とは思ってたんですよね。
インフルエンサーの影響で機械に詳しくない人まで広くこのカメラを使うようにはなったけど、連続稼働させるとかなり動作不安定になって戸惑うという。(私もその中の一人でしたが)

私はGoPro Hero7以外はGoPro MaxとHero10しか使った事がないですけど、この2機種に関しては熱耐性が低い、とは全く思えないのです。
発熱のケアをしなければならないのは、ミラーレスなどを動画撮影に使用した場合も同じで、現行の機種はそれらと大差ないレベルだろって思いました。

流石に夏場に微風、日光に晒し続けた状態で使うのは厳しいだろ、というのと、スキューバダイビングで防水ハウジングを使用した場合はヤバそう、って事が気になるくらいですかね。前者は撮影者の身体の方が心配ですが。

GoPro Maxを一年くらい使ってみての雑なレビュー

私はGoogle StreetViewに全天球写真をアップロードする事があるので、HeroシリーズじゃなくてGoPro Maxがいいなぁ、という明確な目的を持ってこれを選んでいるのですが、状況に応じてHeroモードも使い分けれたら素敵やん?というスケベ心もあったんですよね。

私はGoPro Hero7を普通の動画撮影用に使っていたのですが、このカメラは、電池持ちの悪さ、熱暴走(夏場10分強しか連続できない)、動作不安定といった不満点があって、新機種に買い替えたいなぁとは思っていたのです。

続きを読む GoPro Maxを一年くらい使ってみての雑なレビュー

GoPro Hero7+Karma Gripを海外旅行で4K 60FPSハンディーカムとして使ってみた

GoProは撮影解像度を4K 60FPSに設定するとSuperSmoothがOffになり手ブレ補正が効かなくなるのでこの撮影モードでハンディーカム的な撮影をしたい場合はジンバルが必須になります。

私は純正のKarma Gripを使用しています。

一般的なハンディーカムと違って光学ズームが出来ないという弱点がありますが、自撮り棒みたいな構造なので、真上に掲げて高い視点から撮影したり、逆に低空で撮影したり、被写体スレスレを通過するような撮影をしやすかったり、ある意味ハンディーカムを超える面もあります。

Karma Gripはパンした時の反応が一拍遅れる(仕様)ので、思い通りにカメラの向きを変えたい場合に血圧が上がる感じですが、撮れた映像を後から見返した場合、左右に迷っているシーンが軽減されているので映像作品としてみた場合は、これはこれでアリかな?と思えます。

連続撮影可能時間は極めて短し

4K、60FPSで撮影を行うと本体の発熱が大きいです。

(雪山とか以外の)大抵の撮影シーンでは発熱量が自然放熱量を大きく上回る為、時間経過により限界温度に達して自動的にシャットダウンします。

今回検証した場所はハノイ(ベトナム)とバンコク(タイ)だったのですが、連続で撮影できた時間は15〜20分と言った所でした。
(恐らく直射日光下だともっと短くなる)

シャットダウンのたびにバッテリーを抜いて人肌で急速に冷ます、という運用になります。
冷却ジェルみたいなのがあれば便利だろうなと思いました。

という状況ですのでKarma Gripをリュックベルト等に固定しての街歩きPOV撮影を行うには解像度を落とすしかないんだろうな、というのが個人的な結論です。

寒冷地なら高解像度撮影でも長時間撮影できるんでしょうけど。

Karma Gripは暗所の動画撮影に威力絶大

GoPro Hero7のSuperSmoothの効果は絶大で「ジンバルいらず」という宣伝文句は誇大広告ではなく事実だと思うんですよね。

しかしSuperSmoothは暗所撮影に非常に弱く、ノイズが出まくるのは有名で、私的にはGoPro単体での夜間の動画撮影は諦めていました。

しかしKarma Gripを使えばその弱点をも補えます。しかも4Kクロップ無しで撮れる。

下の動画はハロン湾のとある島の洞窟を撮影(4K 30FPS)

トンロー辺りの夜を歩きながら撮影(4K 60FPS)

ハノイで泊まったホテル(4K 60FPS)


ハロン湾のクルーズ船(4K 60FPS)

いずれの動画もISO上限800、カラーはフラットで撮っています。

Karma Gripは静止画撮影のブレ抑制にも(多少は)効く

Karma Gripを使えばグリップ部の押しやすい場所のシャッターボタンが使えるので、ボタンを押し込んだ瞬間のブレも少なくていい感じです。

まとめ

Karma Gripを使うと同時に極小のウェアラブルカメラであるというアイデンティティも失うわけですが、オプション品の取捨選択でいかなるシーンでも対応可能である、というのはqGoProの強みではないかと思いました。

GoProは不安定なカメラなので使っていてイライラする事も多いですが、この汎用性の高さはその不満を上回ります。

余暇旅行の場合、プールで泳いだりシュノーケリングをしたりする事もあるので、単体で防水機能のあるGoProはマジ使えるヤツです。

4K 60FPS撮影に関してはクールダウンタイムを設けるとか意図的な温度管理が必要です。
この撮影モードを使い込んで、どの辺りがGoProの限界か?を肌感覚で分かるようにならないと実戦投入は厳しいなぁというのが正直な感想です。

ただ高画質録画を長時間行うと排熱が問題になってくるのはGoProに限った話ではないのです。
最高画質で保存されるファイルは極大サイズで、編集に高スペックマシンが必要だったり、共有が難しくなったり、熱暴走は数多くある問題の一つに過ぎず、色んなデジタル機器が高性能化している現代においてもカジュアルに撮影するモードではない、と思うんですよね。

この辺の問題をトータルに解決しよう、という意気込みのある人なら、GoProの4K 60FPS撮影は十分に使いこなせる範囲の撮影モードではないかと思いました。

P.S.
Osmo Actionが発表されましたね。正直GoPro Hero7は熱問題に関係なく不安定なカメラなので、Osmo Actionの安定性如何では乗り換えは検討したいなと思います。

しかしGoProはメーカー純正のジンバル(Karma Grip)があるのに対し、Osmo Actionは将来的にどうなんだろ?ってのが気になる点ではあります。

GoProに滅んで欲しいわけではないのですが、GoProに真面目に仕事する気にさせる程度には脅かす存在になって欲しい所です。



via PressSync

GoProとANKER Powercore 10000 PDが意外とポンコツな組み合わせでした

何かとお高いGoPro純正のオプションですが電源周りも例にたがわずなんですよね。

とは言えGoProとその関連機器の充電方式は独自規格じゃなくてUSB Power Delivery(以下PD)に準拠しているので純正の充電器を使わなくても急速充電は可能なのです。

しかしPDは最大100Wもの電力を供給できる規格なのでGoProのようなウェアラブルデバイスを充電する用途としてデザインされている製品は少ないんですよ。

という状況を作り出して顧客に純正品を買わせるのがGoProの狙いだと思うのですが、最近ではPDはNintendo Switchも採用していたりとわりと身近な存在になってきました。

続きを読む GoProとANKER Powercore 10000 PDが意外とポンコツな組み合わせでした

GoPro Hero7を旅カメラとして使ってみた感想

二泊三日で鹿児島に旅行に行った際にGoProを使ってみたのですが、その感想をば。

私にとっては初GoProなので、今更何を言ってるのだ?という内容になりそうですが。
続きを読む GoPro Hero7を旅カメラとして使ってみた感想

GoPro用のサードパーティー自撮り棒がコスパ最高でした

純正はちょっと高かったんですよね。というか自撮り棒って使った事が無いのにいきなり1万円近い物を使って価値が分かるのだろうか?という不安もあったのでAmazonで評価の高い安めの自撮り棒を入手したのでした。


続きを読む GoPro用のサードパーティー自撮り棒がコスパ最高でした

GoPro Hero7のHyperSmooth機能が意味が分からないくらい凄い

意図的なパンニングの自然さスムーズさはジンバルの方が勝っているのは間違いないのですが、物理的な3軸ジンバルではどうしようもない縦揺れの補正が凄すぎて漏らしそうです。

歩きながら撮影すると人間はどうしても重心が上下してしまいカメラの高さも上下してしまいます。(それを軽減する為に摺り足移動するわけです)

これが映像の縦揺れの原因なのですが、GoPro Hero7は何も考えずに手持ちで歩きながら撮っても撮れた映像にほぼ縦揺れが認められません。これは凄い事です。

GoProは超広角レンズですので、映像として記録される記録される画角よりも大きい範囲にバッファー領域をとして、その範囲でブレ補正をしてるのだろうな、とは想像できるのですが、それをこんな小さなアクションカメラでリアルタイムに実現しちゃうのは驚きです。

まだ買って間もないので歩き撮影のサンプルは無いのですが、自転車での撮影サンプル動画を上げておきます。使用した自転車はDahon Dash Altenaです。

琵琶湖サイクリングの動画では最後のほうにかなり路面状態が悪いのですが、自転車のフレームはガタガタ揺れているのに全景としてはブレが軽減されている、という不思議な映像になっています。

武庫川のサイクリングロードも舗装が古くて一定間隔でひび割れがあるのですが、それを全く感じさせないスムーズな映像として撮れていますね。

純正のバイクマウントを買おうと思ったのですが、高いのと商品到着が遅すぎたので却下して汎用的な雲台マウントとSmatreeの雲台アダプタを入手して代用しました。

GoPro Hero7

GoPro Hero7

装着感はこんな感じ。
GoPro Hero7



まとめ

GoPro Hero7は電子ジンバルがめちゃくちゃ強力ですのでスマートフォンの録画機能を超える超小型のホームビデオ機器としても使えそうな気がします。

レンズが超広角なので手持ちでセルフィーやウィフィーも楽勝ですし。

いやー、いいおもちゃを入手しました。


via PressSync