ラップトップを充電可能なAnker PowerPort Atom IIIに窒化ガリウムの真価を見た話

初代機はモバイル充電器として評価した場合不満があったのですが後継機?はその弱点を補う良品でした。

iPhoneSEとの大きさ対比。
Anker PowerPort Atom III

旧モデルとの対比。
Anker PowerPort Atom III

Anker PowerPort Atom III

爪が折り畳めるのは重大な進化ポイントです。
Anker PowerPort Atom III

デザインが薄型になった事で、鞄内の小ポケットに収納しても型崩れしにくくなりました。

念の為MacBook Pro 2018 13インチで充電してみましたが計測結果はカタログスペック通り30W出ています。

MacBook Pro用の充電機としては若干パワー不足ですが、このコンパクトさ、携帯性のよさからすれば些細な問題でしょう。

OTGケーブルを接続すれば普通のUSB Typer-Aの充電機になります。
Anker PowerPort Atom III

昔の黎明期のモバイラーがよくやってたUSBハブを介したタコ足充電も可能です。
Anker PowerPort Atom III

このような使い方をするとUSB1ポートあたりの出力は5Wが上限になりますが、旅行中とか出張中の就寝中に使う簡易充電ステーションとしては十分ですね。

アイテムの組み合わせ次第でめちゃくちゃ汎用性が高まります。

上記のような事は他のPD充電機でも可能なのですが、「PowerPort Atom III」みたいなモバイル特化な高出力充電器を手に入れると色々試したくなります。

まとめ

初代モデルのAnker Power Port Atom PD1は単純にウォールチャージャーとして評価すると素晴らしい製品だと思っています。小さくてデザイン可愛くてコンセントに挿しっぱなしでも全然圧迫感無いし。実際新機種と比較しても少しだけ軽いし、立方体形状なので体積もこちらの方が小さいと思う。

対してAnker PowerPort Atom IIIはモバイル特化型。折り畳める爪は便利ですが据え置き電源と考えた場合、ぐらつきが気になります。

両者とも窒化ガリウム30W充電器という事で比較の対象になりやすいのかな?と思うのですが、単純に新製品の方が上位互換機というわけではなく、それぞれ特徴のある製品と考えた方が良さそうです。

いやーしかし、こんなフリスクみたいなサイズの充電器で13インチMacBook Proが充電できるとか、凄い時代です。


via PressSync

投稿者:

aroooy

I am a systems engineer freelance. I love digital devices such as smart phones. I make the iOS app by using the spare time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください