Zenfone3を入手してみたので軽くレビュー

入手したのはZE520KLです。Zenfone3には各種モデルがありますがZE520KLはミッドレンジのようです。

Zenfone2との比較になりますが、かなりIngress(というかポケgo)に向いた端末に仕上がっているもよう。
Ingress用に買った端末ではなかったんですが、嬉しい誤算でした。

GPSの精度について

位置情報ゲームで最も着目すべきはGPSの精度ですがZenfone2と比較するかなり改善しているように思えます。
測位精度が向上した…というよりは、前後左右にグラグラ(GPSドリフト)しなくなった、という点が非常に評価できる点です。

やはりSnapdragon搭載端末は位置ゲー向けと言えそうですね。

またグラフィック性能も向上しており、Zenfone2では、たかがIngress程度のゲームでもフレーム落ちしておりましたが、Zenfone2ではヌルヌル動作するようになってます。

バッテリーの持ちについて

Zenfone2よりかなり向上しているように思えます。
ってかZenfone2は特に負荷のかける事をしていなくても常に端末がほんのり温かい、負荷をかけると爆熱という、エコとは程遠そうな燃費の悪さだったのですが、Zenfone3ではかなり発熱が抑えられてますね。

デバイスの温度が上がると液晶画面の輝度低下とCPUの処理速度の低下を同時に招きますので、発熱が控えめなのはいい事づくめであります。

カメラ性能について

この価格帯のスマートフォンのカメラとしては本気過ぎるカメラ性能でびっくりしました。
光学手ぶれ補正、レーザーAF、F2.0の明るいレンズ、SONY製の最新センサー。

実際撮れる写真もかなり綺麗で、明るい場所の写真ならば解像感も出る程です。(上の撮影サンプルはホワイトバランスがちょっと変かな…)

しかし暗所撮影はカタログ値から期待出来るほどには強くなさそうだなーっていう感触ですね。

とはいえ、2〜4万円の価格帯のスマートフォンのカメラとしては期待を超えた性能である事は確かです。

ルミナリエを撮ってみました。

その辺の寺の紅葉

それと現時点でレーザーAFを搭載しているスマートフォンが少ないですので、この点はZenfone3を他のデバイスと差別化しうる、強烈な個性と言えそうです。

近距離の暗所撮影で威力を発揮しまくりなわけですが、合焦が迷わない上に正確で、ライブ感溢れる飯テロ写真を量産できます。

席取りに負けて光量的に不利なポジションになっちゃっても、それをなんとかカバー出来るくらいには頼りになる感じです。

マクロ時の被写界深度もかなり浅いので、ピントの合わせ甲斐もあるというものです。

一点残念なのは、サードパーティーアプリでDNG保存は可能なのですが、フォーマットが公開されていないらしく、DNGから現像すると、色調が失われた感じの色褪せた仕上がりに…まあこの価格帯のスマートフォンにそこまで求めちゃだめですね。

これ以上やりたいならGoogle Pixelを買えって事ですかね。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)について

私はこの機能が目当てでZenfone3を買いました。渡航時は活躍してくれる事でしょう。

しかし正直これだけ格安MVNO SIMが選べる時代になると、この機能の活用法って国内では難しい気がするんですよね。

昔は通話SIMと格安のデータ通信SIMの組み合わせで、コストを抑えつつもMNO(携帯通信事業者)のSIMを利用する…っていう使い方が出来たら素敵かな?と思ってたんですが、最近はMVNO自体が通話SIMにデータ通信機能が付帯したSIMを提供してるので、あんまり意味ないよなと。

とは言えこの機能を使わないのは勿体無いので私はIIJmioのDタイプ(docomo)とAタイプ(AU)を挿して使っています。都度切り替えは必要ですが、電波的な死角が殆ど無くなるのは、得難い安心感があります。

デザインについて

アルミとガラス外装のiPhoneに酷似するデザインで、非常に高級感のあるデザインで普段持ち歩く道具としては、申し分無しです。

液晶面のエッジが湾曲しており、これもデザインの一部だとは思いますが、ガラス製の液晶保護シートがほぼほぼ使えないという問題もiPhone同様です。

指紋認証

iPhoneの第二世代Touch IDと同じくらい認証が速く誤認識少なくストレスありません。

ただ背面に指紋センサーがあるのですが、これは使いやすいかどうかは疑問に感じます。

というのも5インチ以上の大きさのデバイスのやや上目の左右中央にセンサーがあるものですから、指紋センサーに触れるという動作と、スマートフォンを操作しやすいホームポジションに持ち直すという最低2アクションが必要なわけです。

iPhoneとかだと指紋認証が完了した時点で既にホームポジションですから、これと比べると不便だなと感じます。

またこれはZenfone2の時代から感じていた不満ですが、背面に操作ボタン等があると、フリップを背面に回すようなケースとの相性が最悪なんですよね^^;

まとめ

ZE520KLはコストパフォーマンスに優れた優良端末であるというのが総評です。

ただZenfone3には様々なモデルが存在しますが、グレード(値段)が上がる毎に他メーカーとの差別化という意味では特色が希薄になって行く傾向のように感じます。

その値段出すなら他メーカーのフラグシップを買うという選択肢も見えてきますので…

カメラ性能が予想を上回る感じでしたし、カメラモジュールは全モデル共通ですので、とにかくカメラ性能は重視したいが値段は抑えたい…っていう場合にはZE520KLやZC551KLといった廉価モデルは非常に良い選択だと言えそうです。

via PressSync

ロジクールM545マウスの満足度が高すぎる件

私は最近プライベートでPCやMacを操作する時間が激減しているのですが、商売柄仕事ではマウスを使いまくりです。

というわけで使用頻度の極端に低くなっている自宅のロジクール製高級マウスを職場に転用したんですよ。

しかし業務で使うと消耗も早く、どれもチャタリング等で使えなくなってしまいました。

趣味に使うお金となると1万円前後のマウスを買えるんですが業務用途となると、、、ってなっちゃいまして。自分でも色々矛盾してるなという自覚はあるんですが^^;

というわけでロジクールの安めの無線マウスを探していたのですが、エントリークラスの良いマウスが2014年に発売されておりました。

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK
ロジクール (2014-01-24)
売り上げランキング: 141

実売2000円以下で買える超コスパマウス

値段的に安すぎるので道具として使っていて不快感を感じるレベルのチープ製品かも?という事を覚悟していました。

確かに所々チープさを感じます。

  • 親指ボタンが少し浮いていてカタカタと遊んでいる
  • ソールが平坦すぎてデスクとの接触音が多少大きい気がする(安っぽい音がする)

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK

いや、まあ不満点はそれくらいかな?
そもそもこの値段で親指ボタンが付いている事自体がありがたい。

このボタンはデフォルトではブラウザの進む戻るボタンに割り当てられています。
私が仕事で使うアプリケーションでもこれらのボタンに機能がデフォルトで割り当てられているので、親指ボタンの有無はマウス選びの最低条件です。

基本機能をしっかり押さえている普通のマウス

メインで使う左右ボタンのクリック感は良好ですし、ホイールの回転が超小刻みで、ホイールに関してはめちゃくちゃ気に入りました。

マウスとしての基本性能はしっかり押さえておりしかも無線ですので、業務用PCに付いてくるマウスと比べると圧倒的使いやすさです。ってか比べたらダメ。

軽くて電池がめちゃくちゃ持つ

M545マウスは単三電池x1本で稼働します。
他の多くのロジクール製マウスの多くは2本で稼働しますので単純に単三電池x1本分軽いという事になります。

単三電池x2本挿入出来るロジクール製マウスは電池1本でも稼働しますので、そこでウエイトコントロールは可能ですが、最初から電池一本でデザインされているM545マウスは無駄な空間がなく、電池抜きの重量がとても軽いです。

無線マウスは重いので使いづらいという人は結構いると思われますが、ひょっとしたらこのマウスなら使えるかもしれません。

しかも電池1本で18ヶ月使えるとの事で、電池一本で比較した時の燃費は同社のマラソンマウスと同等。

USBレシーバーが小さい

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK

左側が旧来のレシーバーで右側が本製品付属のPicoレシーバーです。

確かに小さい。一度USBポートに挿入すると爪が短い人は取り出しが困難なほどにヘッドの部分が密着します。

ノートパソコンでの使用に効果絶大です。

このレシーバーが欲しくてこのマウスを買う、という選択は十分にありえそうです。

まとめ

このマウスを使ってみて久しぶりに気がついた事があるのですが、やはり軽量マウスは使いやすい。

単四電池にスペーサーを付けて使えばさらなる軽量化がはかれそうですので、今度試してみたいです。

電池の容量が減るので稼働時間が短くなりますが、もともと18ヶ月というとんでもない連続稼働時間を実現している製品ですので多少電池容量が減っても問題ないでしょう。

もともと高すぎるマウスは仕事では使えないから、という妥協で試しに買ってみたマウスですが、最低限の機能性と小型軽量、無線であるという特性を併せ持つマウスは同社の他のマウスでは得られず、私が仕事用で選ぶマウスは最初からこれしかなかったんだ、という感触を得ています。

マウスが軽くなった事によって、私の肩凝りも軽減してくれればよいのですが。

via PressSync

Anker PowerCore Speed 10000 QCがちょっとした日帰り出張用途などに良さげ

QC3.0に対応したデバイスを持ってませんので、そこの評価はできないのですが将来的にも長く使えそうという事で入手しときました。

私は初代版?のAnker PowerCore+ 10050からの乗り換えで一世代スキップしていますので、かなり仕様が変わっているな、と感じました。

外装はアルミからプラスチックに

アルミ外装のずっしりした質感と金属のひやっとする手触りで 高級感を感じる事が出来るのはいいのですが、いかんせん重いという事とメッシュ状の専用ポーチでは保護するのに心もとない。

「保護」というのはバッテリーの保護ではなく鞄の中に入れる他の物に対する保護です。 アルミ素材の高質量の塊をメッシュポーチだけで鞄の中に入れるのは怖すぎたので私は別途サイズの合いそうなポーチを買って使っていました。

その点プラスチック外装だとある程柔軟性がありますし、全ての角がラウンドしてますので付属のメッシュポーチでも不安感は無いですね。 そもそも外装のプラスチック化により小型化軽量化がはかられておりますのでバックのなかでごろごろと他の物とぶつかり合ったとしても当たりが柔らかいんですよ。

プラスチック化のデメリット

プラスチック化のデメリットはもちろん高級感が損なわれるという点が げられると思いますが、実用的な面でのデメリットはおそらく放熱性の低下ではないかと思われます。

実際第一世代のPowerCore+ 10050をQuickChargeで充電すると、「低温火傷待ったなし」というほどの熱さに達していますので、アルミという熱伝導性の高い素材を外装に使うという事は、それなりに意味のある事なんだと感じます。

最新モデルのPowerCore Speed 10000 QCは、本体に対するQC充電は対応しておりませんので、外装のプラスチック化の弊害はこういう所に出てるのかな?と感じます。

プラスチック化のメリット

アルミと違って自由自在に形状をデザインできるので、メーカーにやる気があればバッテリーセル、充電基盤の形状に合わせて、極限まで小型化出来るという事だと思います。

それに加えて、PowerCore Speed 10000 QCは実用上を考慮してだと思われるのですが、全ての辺がゆるーくラウンドしております。

手に持った時に角を感じにくい形状なので、実際より小さく感じる効果がありますし下の写真のように鞄の中の小ポケットにもねじ込みやすいんですよ。

TUMIのナイロンバッグ内のポケットですが、まるで専用ポケットのように収まりますね。

下の写真はTUMIのレザーバッグのポケットですが、こちらもいいバッテリー収納場所を見つけました。

外装がプラスチックだと、裸で鞄に入れていたとしても、荷物同士がぶつかり合って、相手に傷をつけてしまう心配も無いんですね。そもそもバッテリーポーチも荷物だと私は思ってますので、上の写真のように、あつらえたようなサイズのポケットが鞄にあれば、そこにバッテリーを裸で放り込んめば最小の荷物で済みます。

それにしてもPowerCore Speed 10000 QCのサイズ感はいいですね。こいうサイズのポケットを有する鞄って結構ありそうで、色んな鞄にスマートに組合わせれそうです。

念のために電圧を測定

全く問題なしですね。

まとめ

バッテリー本体のQC充電が行えない事のみが、私にとっては残念ポイントでした。この辺は小型化軽量化の代償として諦めるしかないのでかもです。

ANKER製品は比較的短いスパンでマイナーバージョンアップを繰り返しておりますが、基本的にユーザービリティを上げる方向性ですので好感が持てます。

新しい物好きとしては新しいモデルが出るたびに買わずにはおれず 「もう勘弁して 」と思う事も多々あるんですが、絶えず進化を続けているANKER製品は面白いです。

今後もAKERから目が離せません。

via PressSync

GARMIN vivoactive J HRを一ヶ月使ってみた感想

結論から書くと非常に気に入って使用を続けれております。

時計として使えるのがいい

vivoactive Jの液晶はバックライトOn/Offのオプションはありますが画面自体はずっとついておます。
普通の腕時計のように視線だけ送るだけでさりげなく時間くらいなら確認できるのはいいですね。

この液晶は自然光下で明るければ明るいほど見やすいという特性でして、アウトドア向きです。

暗い環境ですとバックライトは必要ですので、盤面を覗くジェスチャーを行い意図的にバックライトを点灯させる必要があります。

電池が持つのがいい

GARMIN vivoactive HRはGPS、心拍センサーがOffの状態ならば8日間電池が持つとの事で、もしこの時計をスマートフォンと連携して通知だけ受け取るような使い方をする人なら(そんな人いないと思いますが)1週間に一回の充電で回せるという事ですね。

アクティビティ記録などを行い、GPS、心拍センサーが常時Onの状態になるとバッテリーを消費するようで、連続稼働時間は13時間と短くなります。

しかし13時間とは相当長い時間でして私は電池を干上がらせた事はまだないです。

登山でGPSデータロガー的な使い方などで一日中GPSがOnになるような無茶な使い方をした場合、一日一回の充電サイクルになりますが、1日、1〜2時間のアクティビティ記録であれば3日に一度くらいの充電で十分安心できる感じです。

活動量計としてラバーバンドは安定性抜群だが…

慣れないと蒸れてきて痒くなります^^;
そこそこ厚みのある時計ですので家事の邪魔に感じることもあり、自宅では外しております。

そもそも活動量計って

そもそも活動量計って、ダイエット目的とかライトに運動したい人が使うアイテムなのかな?って一ヶ月使ってみて感じたんですね。

しかしvivoactive HRはサイクルコンピュータといった側面もあり、ガチアスリートが使う機能と肥満を防止したい人が使う機能が同居している不思議な仕様に思えます。

例えば休日に朝自転車で50kmくらい走ってきて自宅ソファーでくつろいでると「今日は歩数が少ない」的な感じで怒られたりするんですけど、総消費カロリーとかでアドバイスくれてもいいのに、とは思いますね。

とはいえ、活動量計単体として見た場合超高精度ですし、サイコンやGPSロガーとしても高性能です。

vivoactive HRは全部入りの欲張りなデバイスですが、その分サイズがそれなりに大きいですので、活動量計機能だけが欲しいんだ、という人はvivoamart HRなどを使うべきだとは思います。

海外旅行では困った

実はvivoactive HRにはオフラインモードというものがありませんでして…いろんな無線をOffにする操作は現実的では無いので航空機内では電源を切るしか無いんですよね。

なんの役にも立たない皮膚呼吸を阻害するバンドを腕に巻いていると、とても大きな荷物を腕に巻いている気分になれます。

スマートウォッチとして

vivoactive HRは基本的には専用アプリでスマートフォンと同期します。

私はiPhoneでしか使ってないのでAndroidも同じかはわからないのですが、一度ペアリングしてしまえば、専用アプリを常駐させておかなくても、通知はvivoactive HRの方にしっかり連携されます。

これはいい。

確実に通知が時計に連携されるので非常に安心感があります。

オプション品の入手性悪し

充電ケーブルを追加で欲しいなぁと思ったんですが、新製品の純正オプションの入手は日本では非常に難しいです。

まとめ

ダメな点を中心に感想を述べてみましたが、総評としてはもう手放せないくらい気に入って使ってます。

GARMIN製品にしてはお手頃価格設定ですし、豊富な機能を備えた製品ですので、GARMIN製品の入門機としてはうってつけかもな、と思いました。

via PressSync

金属探知機に反応しないバックルがプラスチックのベルト入手

空港の保安検査でゲート型の金属探知機を通らされるじゃないですか?
金属探知機は身に着けている金属の総量が閾値の基準になるらしく、 何か特定の物に対して反応するものではないそうです。

ですのでベルトのバックルだけでは引っかからなかったとしてもプラスα鍵などをポケットに入れっぱなしにしていたりすると警報の閾値を超える事があるらしいです。
またはテロなどを警戒している時に金属探知機の設定が厳しく設定されるって事もあるみたいで。

という仕組みはわかってるんですが、わたくし、この金属探知機に結構引っかかりまして、「ああバックルだな、よし行け」みたいな形で済めばまだマシなんですが靴を脱げなどと言われると、なかなかしんどいし、同行者も待たせちゃうし、 こういう時に限ってブーツとか履いてて脱ぎにくいんだこれが。

おそらくブーツの留め具とかも金属に加算されて、金属量Upに貢献してるんでしょう。

私の身に着けている物で身に覚えのある 一番大きな金属はベルトのバックルなのですが これさえ外しておけば警報は鳴ったことは無いのです。

しかし付けたまま通っても警報が鳴らないこともある。うーむ微妙なラインだ(^^;

手間を惜しまずに毎回外せばいいのでしょうけど、ベルトを外すと腰回りがすーすーすーして安定しないし、 そのまま数十メール歩かないとだめな事もあるし検査が終わったらまたつけなきゃだめだし、やっぱり手間なんですよ 。

ベルトって両手を使わないと着脱できないので、着脱するために人の通行を妨げない 適当な場所を見つけたりとか、なかなか無視できない手間であります。


というわけでバックルがプラスチックなベルトを入手してみました。 これは需要有りそうと思ったんですが、探しても意外と見つからないんですよねー。

やっと見つけたけたと思ったこのベルトも、 ミリタリーベルト?自衛隊素材?何それ? って感じです。

しかし、、なかなかの高品質ナイロンでベルト自体にチープ感は感じません。バツクルはアレですがシャツをInして日頃生活していないのでバックル部分が 人目にさらけ出されるタイミングは、おそらく離着陸時の荷物の上げ下ろしくらいなので問題無いでしょう。

ビジネスでの渡航の場合は黒を選んだとしてもこのベルトは違和感ありなので、 普段使っているベルトを手荷物に忍ばせておけばいいですね。現地で使う用として。

値段も安いですし良い買い物が出来ました。

via PressSync

iOS10からPPTPをサポートしなくなったのでバッファローVPNルーターを(L2TP/IPseq対応に)買い替え

わたし的に海外に行く時にあると非常に心強い物(環境)として、自宅へのVPN接続環境がまず挙げられます。

例えば日本国内からだとこのブログの更新も何不自由なくかけますが、海外IPからのアクセスだとAPIアクセスに制限がかけられてるんですねぇ。いちいちセキュリティーを緩めるのもめんどくさいですし、もし都度セキュリティーを緩めてたら、何の為のセキュリティーよ?と思っちゃいますしね。

これに関わらず、海外から日本国内のIPアドレスが使えると、何かと便利なのです。Huluとかも見れるし。

本来VPNって拠点に接続して、そこにあるファイル等をセキュアに参照なりメンテするのが目的なんでしょうけど、個人用途、家族用途ならば、この辺は最近だとクラウドサービスでいいよなーって思ってまして。

なんとiOS10からPPTPでVPN接続出来なくなっている!

というわけで、わたしは既にバッファローのVPNルーターで環境を構築済みだったわけです…が、iOS10からPPTPプロトコルをサポートしなくなってる…なんと!

iOS 10 および macOS Sierra にアップグレードする前に PPTP VPN の削除に備える – Apple サポート

今使っているVPNルーターはPPTPしかサポートしておらず、わたしはほとんどiOSデバイスからしか自宅VPN環境に接続しないので、これは致命傷近いわけです。

という理由からタイトルのVPNルーターに買い換えました。

BUFFALO IPsec対応 VPNルーター VR-S1000
バッファロー (2013-12-14)
売り上げランキング: 1,603

バッファローというメーカーに対する思い

買っといてなんですが正直バッファロー製品はあんまり好きじゃ無いんですよね^^;

ハズレの製品をつかまされた事が多々ありますし、ネットワーク機器ベンダー…だと思うんですが、その主力のネットワーク機器の性能がイマイチ微妙に感じることが…

とはいえ安い。安いしルーター関連に関しては初心者でも簡単に初期セットアップできるようにWebの設定画面がかなり練られている。

ネットワークの勉強をしてる時間も無いし、大きな予算も割けないし、背に腹はかえられん、という事で、今回もバッファローのルーター購入となったわけです。

開封〜設置

いかにもビジネス用途っぽい、飾りっ気のない箱。嫌いじゃないです。

内容物もシンプルですねー。

私が今まで使っていたBHR-4GRVより少し大きい筐体です。とはいえ配電盤の横に余裕で設置完了。

最近ありがちな簡易NAS機能もあります。USBケーブルを繋ぐだけで自動的にマウントされ、SMBでルーターのIPアドレスを叩くとHDDにアクセス出来ます。

初期設定

IPsec対応VPNルーターVR-S1000 設定事例集

このブログで別段説明することはありません。上記ページの通りに設定すれば10分くらいで設定完了。簡単!
やっぱりWebのメンテナンス画面があるのは分かりやすくていいですね。ご丁寧に設定ウィザードまでありますし。

むしろ固定IP環境を得るのか?動的の場合どうやってDDNS設定するのか?っていう前準備の方がよっぽどハードル高いでしょうね。
このハードルを既に超えている人でしたら、iOSデバイスで自宅VPNに接続出来るところまでの設定でしたら開封から10〜15分くらいで設定完了すると思われます。

まとめ

この記事を書いてる時点ではありますが、メーカー希望小売価格3万円以上の物が2万円以下となっており、値段がこなれてきております。コスパ良い買い物ができました。

旧機種に比べるとVPNに接続する時のネゴシエーションもかなり速くなり、ストレスが軽減されますw

インターネットの接続速度も心なしか早くなった気がしますし、単純に自宅ネットワーク環境のアップグレードという意味でも投資した価値はありそうです。

おすすめです。

しかしiOSがPPTPをサポートしなくなったのは、セキュリティの低いプロトコルを切り捨てたのかな?と思うんですが、そこはユーザーの自己責任で使い続けさせてよ、と思っちゃいますね。

via PressSync

ANKERのiPhoneSE(5)用ポリカーボネートケースを入手

iPhone5用にTPUケースを持っていてSEではそれを使用していたのですがTPUケースって経年劣化で黄ばんでくるんですよね…さすがにみっともなかったので新しいのに買い換えました。

今回入手したケースはANKER製です。

ポリカーボネート素材という事で薄く軽いのが特徴ですが、TPU素材よりも硬いので形状の自由度が高いため、本製品の様に上部と下部をバッサリ切り欠いた様にもデザインできるようです。

というよりも上下左右を囲うようにするとポリカーボネートは硬すぎで着脱が困難になっちゃうんでしょうね(^_^;)

露出度が大きいと保護機能も落ちますので、この辺は好みが分かれる所だと思います。

あとTPUは人の力では破壊不能なほど頑丈な素材ですが、ポリカーボネートはその硬度故に落下時にあっさりと割れたりします。
そもそも剥き出しの部分が最初に地面に衝突すると目も当てれないという問題もあるんですが…

というデメリットはあるんですが以下のスマートな見た目を手に入れる為なら、その辺の事はトレードオフと割り切れる人は珍しくないかもしれません。

透明ケースなのでピンク色の4インチiPhoneでドヤれますw

まとめ

もともと使用していTPUケースは17グラムであるのに対しこのケースは12グラムでした。

たかが5グラムの差ですがiPhoneSEのような小型デバイスだと、5グラムの差は操作性に非常に差が出る事を使っていて実感しました。

とても美しいケースで非常に気に入りましたが、ケース自体がどれだけキズに耐えれるかとか、経年劣化によるくすみがどれほどの物か?という点が気になりますね。

製品の性質上、ケースがボロっちくなるとすぐ交換したくなりそうですので。

安いので気軽に買い直せるのは有難いのですが、いつまでiPhone5向けのケースって売ってくれるんだろう?という不安もあり、今からスペアを用意しとくべきか悩みます。

via PressSync

国立商店のモバイルポーチが登山用途にも良さげ

今回ご紹介する国立商店のモバイルポーチは、iPhoneSEと5インチ級のAndroid端末を同時に軽快に持ち歩きたいなぁと思って入手しました。

この手のアイテムの利用はファッション的におっさんくさいですが、実際おっさんなので問題無しです。

綺麗な化粧箱で好感触です。

賛否あるかと思いますがマグネット式のフリップです。片手でフリップを跳ね上げてスマートフォンを収納できます。

ザックのショルダーベルトなどに固定するための左右綴じのベルクロと、ウエストベルトなどに取り付ける事の出来る上下方向のストラップを装備しており、色んな種類のバッグに取り付け可能です。

片手で出し入れ出来る…とは前述したのですが気室を二つに分ける中央の生地がが薄めで安定せず、収納し辛い、というシーンはちょくちょく発生しますね。

またメイン気室は更に薄い物を収納できるようなポケットがありまして、収納にバリエーションが増える…反面片手で手探りで収納する際にこのポケットが引っかかって難儀する事があります。慣れの問題もあるかと思いますが。

まとめ

使い勝手関連で難癖をつけましたが、それを差し引いても全体的に使いやすいポーチだと思います。

というか5インチ級のスマートフォンを収納するようなザックに取り付け可能なポーチはアウトドアショップでもなかなかお目にかかった事がありません。

この商品は更に2個のスマートフォンを同時に収納できるようにデザインされているのですから、今現在において唯一無二の存在ではないでしょうか?

国立商店の物を始めて入手しましたが、非常に丁寧に物作りをされている印象で使っていて愛着が湧いてきそうです。

今後も愛用出来そうです。

Dual Slot Case(デュアルスロットケース)スペシャルエディション
国立商店株式会社
売り上げランキング: 64,522

via PressSync

Ankerから2ポートQC3.0対応の急速充電器がっ!

またまた入手しました。ANKERのUSB充電器。

この充電器はQuickCharge3.0に対応してるんですが、私は対応機種を持ってないのでQC2.0として使う事になりますが、将来的に対応機種が出てきた時とか安心ですね。

外箱は結構大きくて第一印象は焦ったのですが…
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

開けてみると本体は箱の中に小さく収まっていて安心しました。しかし2ポート充電器としては大きめサイズでずっしりとした重量感であることは間違いありません。
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

一応電流と電圧を測定しておきましたが、これは全く問題ありませんね。

iPadProの充電は軽く2Aを超えています。
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

PowerIQポートでANKERモバイルバッテリーを充電して見た図。こちらもほぼ2Aをマーク。
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

QCポートでANKERモバイルバッテリーを充電してみた図。ほあー!9V!相変わらず熱い!色んな意味で!
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

まとめ

ANKERからQuickCharge対応の充電器が多く発売されてますのでニーズに合ったポート数のQC対応充電器を選べるようになってきました。

高い電力を扱う製品なので、どうしても同ポート数の他製品と比べると大きくなりますので、そこは割り切りが必要ですが。

私はこの充電器は職場に常備しておこうと思います。iPhoneSEとQC対応のAndroidを急速充電出来る環境が手元にあるっていうのはかなり安心感がありますね。

私はこの充電器を据え置きみたいに使おうかな、と思ってますがコンセントの爪が折りたためるようになってますし、モバイル用途でも使いやすいと思いますよ!

via PressSync

ANKERのiPhone5(SE)用の強化ガラス液晶保護フィルムが普通に良かった

ANKERみたいな有名なメーカーから、こんなスキマジャンルの商品をガンガン発売されたら根こそぎ持って行かれるんでは?という変な心配をしてしまうんですが、、、

消費者としては、安くてある程度の品質が保証されていて得体の知れたメーカーである、となると同じような商品が二つ並んでいた場合このようなメーカーの物を選んでしまう、という消費行動に走ってしまい、私もその1人です(^_^;)

毎度ANKERはたかが液晶保護シートに本気の洒落乙梱包です。
内容物がガラスシートだけに相当な力が加わってもおり曲がらない厚紙を使用している点が好印象です。落下時の耐衝撃性もありそうですね。

実はワタクシ、iPhoneSE購入と同時に国産をうたう別メーカーのガラスフィルム液晶保護シートを購入、使用していました。

しかし微妙に曲がっていて右上部分が浮いて密着してなかったんですよねー。時間が経てば密着するか?とも思ったんですが、1ヶ月経っても密着しないんで今回再購入になったわけです。

ANKERの保護シートを貼ってみた写真ですが綺麗に貼れました。
iPhoneSE

ガラスフィルム特有のしっとりとしたタッチ感指滑りも堪能でき大満足であります。

まとめ

製品不良を掴まされる確率はANKERでも一定数あり避けれない事かとは思いますが、製品を保護する為にここまで厳重な梱包をされていると、不良品をつかまされたとしても許せちゃいそうな気がしますね。

メーカーは最善を尽くしてるけど、それでもこういう事はあるよねー、みたいな。

via PressSync