ASUSのゲーミングルーターx2で自宅のWi-Fi環境をメッシュ化してみた

先日買ったルーターと同機種がアウトレットで安かったので入手しました。

Wi-Fiルーターをメッシュ対応のASUS製のゲーミングルーターに買い替え – Captain’s Log, Supplemental

このモデル確かに電波の飛びはよく、我が家の全ての死角を全てカバーするくらいの高性能なのですが、やはりルーターとクライアント距離が離れれば離れるほど通信速度は落ちるんですよね。

ってわけでアクセスポイントを増設してみました。

本来は専用のメッシュアクセスポイントを入手すべきだとは思うのだが、、、


↑こういうやつですね。お手頃価格で気軽に増設出来そう(とは言え安いルーターくらいの値段だが)ではあるのですが、発売当初から国内外問わず評判が悪いんですよね、、、

というわけでゴミになる可能性のあるLyra minは避けたかったのです。

すでに導入済みのASUS RT-AC86Uはモード切り替えでメッシュノードとして動作可能である事はわかってました。

もし無理でもこのルーターは別の用途にも使えそうなので腐る事は無いだろうって。

設定など

AiMeshに切り替えるとこのような説明が。イマイチ絵の意味が分かり辛い、、、

初期化が始まります。

母艦ルーター側の設定

ネットワークタブで「AirMeshノードを探す」とすると先程初期化した機器が出てきます。

接続中。3分前後かかります。

私は何も考えずにセットアップを続けてしまい、以下のようなエラーを出してしまいました。

初回設定時のポイント

AiMeshのサーバーとノードの距離が1〜3メートル以内に設置しておく必要があるみたいです。

本来の設置場所で初期設定を行っても何度やっても失敗しました。ってか説明画面に書いてあるし、ちゃんと読めって話ですね^^;

AiMeshという技術はスマホやラップトップに対して接続ノードが切り替わったとしても、あたかも単一の機器、単一のSSIDで繋ぎ続けているように見せかける技術ですから、アクセスポイント同士が同調して動く必要があると思うんですよね。初回にサーバーとノードを近距離でセットアップする必要があるのはキャリブレーションか何かですかねぇ。知らんけど。

無事初期設定完了

初期設定完了後、本来の設置場所に移動させます。

続々と近場のデバイスがノード側に繋がってきました!

まとめ

全ての部屋で快適いんたーねっつ!

Lyra miniって評判悪い割には値段も安く無いし、それならもうちょっとだけ予算を上げてルーターを買ってモードをAiMeshに変えて使えばいいんじゃね?って思いました。

単なるアクセスポイントを増設して居住エリア全てをカバーするという方法もありますし、それだとかなり安く上がるんですが、データのダウンロード中にノードが切り替わると切断されたり、特にiTunesでレンタルしたDRMがかかってる動画とかでそれが起きるとサポセン連絡必要な、厄介な事態になるんですよね。

その点Mesh環境は何も考えなくて良いので楽です。

ASUSのAiMeshおすすめです。

via PressSync

USB Power Delivery互換(Quick Charge4.0)のASUS Zenfone6が素敵すぎた

先日、国内版のASUS Zenfone6を入手したのですが、このデバイスは「メーカーのフラグシップモデルなら当然備えているであろう」と思われる色んな機能が省かれて低価格化が図られています。

具体的には「カタログスペック的に重要なSoCにSnapdragon 855を採用したい」っていうのがありきで、色々引き算で設計しているように感じます。

高性能なSoCを採用したからと言って機能をフルに引き出すかはメーカー次第なのですが、例えばZenfone6はHDMI出力(DisplayPort)非対応などが低価格モデルの弊害なんだろうなぁと。
3Dゲームがヌルヌル動く性能なのにもったいない。

しかし充電に関してはQC4.0をきっちり実装していました。

※純正のAC充電器はおそらくカタログスペック通りの数値なので特に計測してません。

Apple 61W USB Type-C充電器(PD)で充電してみたの図。約14Wで充電できてます。

Anker PowerCore20100(PD)で充電してみたの図。15W近く出てる。誤差の範囲か。

Anker PowerCore10000(PD)で充電してみたの図。約14W。普段持ち歩くモバイルバッテリーはサイズ的、充電効率的にこれですね。

Anker PowerCore II Slim(QC3.0?)で充電してみたの図。約12.8W。電圧が上がっており後方互換を確認。

まとめ

充電機器を選ばずに急速充電が可能なのはめちゃくちゃ便利です。

ただ急速充電は温度管理されているとはいえ熱を持つので「出先でどうしても空中給油したい」というシーン以外ではあまり使わない方がいいと思うんですよね、個人的には。

夏場にQC2.0のZenfone2の充電で負荷をかけすぎて電源周りがおかしくなったことがあるんで^^;

就寝中に使う充電器はわざと低スペックな充電器でゆっくり充電するのがエコなのでは?とおもいました。

via PressSync

Wi-Fiルーターをメッシュ対応のASUS製のゲーミングルーターに買い替え

今まではバッファローのVR-S1000をルーターとしてAirMacExpressを各部屋に配置する事で自宅のWi-Fi環境を構築していました。

この構成(AirMac Express)の致命的な問題点は、AirMac Expressは一基毎がそれぞれ独立したアクセスポイントでして、AirMacユーティリティ(標準の管理ソフト)では、複数アクセスポイントを、あたかも同一SSIDで束ねたメッシュWi-Fiを構築可能…のように見えるのです。

実際は部屋を移動する都度、Wi-Fiの接続が切れて最寄りのアクセスポイントに再接続されるという挙動なんですよね。

続きを読む Wi-Fiルーターをメッシュ対応のASUS製のゲーミングルーターに買い替え