Kindle Paperwhite2015に純正カバーを装着してみた

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー

新型Kindle Paperwhiteは旧モデルからサイズが無いという事でPaperwhite向けにデザインされているケース、カバーであれば適合するのだと思います。実際2015年モデルと今回ご紹介する純正カバーはぴったりサイズでした。

所有欲を満たしてくれる高品質レザーケース

サードパーティーメーカーのカバーと比較するとかなり高い値段設定だと思います。しかしこのレザーカバーの高い質感は値段相応、いや値段以上の価値を感じます。

私はAppleのiPhone、iPadの純正レザーカバーを幾つか持ってますけど、値段が高すぎる上に質感も最悪なんですよ。特にiPhone6 Plusの純正レザーケースは耐久性皆無というお粗末な品でメーカー純正レザーカバーに対して警戒心を抱いていました。

その点、Amazonのこのレザーカバーはグッジョブと賞賛出来る仕上がりです。

保護性能を重視した大きめのカバー

ケースに何を求めるのかは人それぞれだと思います。保護機能はそこそこに、出来るだけサイズを抑えたタイプ、もしくは大きく重くなるフルアーマータイプ。

このレザーケースは後者にあたりますが、このレザーカバーを装備すると感覚的にiPad miniに近いくらいのサイズ感になります。まさに「タブレットを持ち歩いてます!」みたいなサイズ感になるので、薄くて超軽いという電子ペーパー版Kindleの美点の一つをスポイルしてしまうんですよね。

「純正品を選んでおけば安心」とは言い難い好みの分かれるカバーだと思います。

電源がカバーの開閉に連動する

フリップに磁石が仕込まれていて、開閉に応じてKindleの電源が連動します。これは何気に便利というかかなり便利です。本体下部にある電源ボタンは意外と押し辛いので、ここを触らずに電源制御出来るのは非常にありがたい。

あれ?私は広告無し版を買ったのでわからないんですけど、広告有り版ってスリープ中に広告が表示されるんじゃなかったっけ?という事は…広告が見たくて広告有り版を買ってる人は悲しい事になりそうですねw

操作性がやや損なわれるかも…

先述しましたけど、このレザーカバーは大きめで、装着するとKindleが一回りでっかくなります。大抵の人はKindleを親指で片手操作していると思いますが、このケースを装着すると液晶パネルと親指の距離が1㎝(もっとかも?)くらい遠のくんですね。

もともとKindle Paperwhiteはベゼルの幅が広めですので、手が小さいとか人によってはこの1㎝が看過できない距離になるかもです。


このカバーの重量の表記が見つけられなかったので計って見たのですが、132グラムでした。本体の重量と合わせると実に344グラム程になってしまうという。女性とかだと長時間片手では操作出来ない重さかもです。

まとめ

保護性能が高く質感の高いレザーカバーで個人的にはとても気に入ったのですが好みが分かれそうですねー。

via PressSync

投稿者:

aroooy

I am a systems engineer freelance. I love digital devices such as smart phones. I make the iOS app by using the spare time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください