外出先で便利だと思うトイドローン のモバイルハブ充電について

法規制の掛からないサイズで外で飛ばしたいと思えるドローンを私は持っていないので私はこれから紹介する充電方法を使っていないですが。
普通にコンセントで充電しています。

さて、大抵のトイドローンはUSB充電が可能ですのでモバイルバッテリーを利用すれば出先での充電には困りません。

しかし充電本数が5本、6歩もしくはそれ以上に多い場合は?

最近のモバイルバッテリーはポート数を絞って1ポート当たりの出力を増やした一刀入魂的な物が多いです。

スマートフォン1台当たりの消費電力が上がっているので自然な流れだと思います。

しかし、せいぜい5V=1A以下で充電するトイドローン のリポバッテリー にはオーバースペックですし、逆にポート数が少なすぎるというデメリットすらあります。

時代の流れでポート数が多いモバイルバッテリーは淘汰されつつある状況で、滅茶苦茶大容量バッテリーでもせいぜい3ポートしか備えてないっていうね。昔はANKERも12000mAhで3ポートの物とか販売してたんですが。

最近は多機能ジャンプスターター界隈が面白い製品が多くって、これがトイドローン 用のモバイル充電器としていい仕事をするんじゃないかな?と思いました。

PowerUrusはUSBポートの拡張が容易だった

先日入手したPowerUrusです。ってかこれってメーカー名なんですかね?型番が分からないので以下もPowerUrusと記します。

PowerUrusは標準でUSBポートを2ポート備えています。これだけならごくごく普通のモバイルバッテリーなのですが、PowerUrusは標準でシガーソケット出力にも対応しています。しかも12V=10Aという車に匹敵するパワー。

これにシガーソケット対応のUSB充電機を装着すればUSBポートを増設出来るという寸法です。

10Aという高出力ですのでシガーソケットを分配しても全く問題なく、トイドローンの充電に必要な電力くらいなら、上限本数を気にせず同時充電可能です。

平行充電の有用性

飛行時間の短いトイドローン をできる限り飛ばし続けたい場合はバッテリー本数を増やす事が最も有効ですが、本数が増えれば増えるほど平行充電出来る環境も同じくらい重要になってきます。

使い終わったリポバッテリー を何本も同時に充電出来る環境があれば、、、最後の一本を使い終わった頃には最初の一本目の再充電が終わっている、という理想的なローテーションが組めるかもです。

まとめ

ジャンプスターター推しですが、上のようなシガーソケットアダプターはヒューズが無いでの怖いかな、って個人的には思っています。できればDC出力機能を最初からを備えてる物が安心かな?

シガーソケットが使えると車用の電装品が何処でも使えるのでかなり便利です。(Mavic Airのバッテリーもこのシガーソケットから充電出来るけど制限あり)

via PressSync

Mavic Air用携帯充電器 Smatree DP160その後

Mavic Airをリポバッテリー3本分飛ばすと、そこそこのフライト時間でお腹いっぱいになるので、実は今のところSmatreeはそれほど活躍してなかったりします。

一応、実地テストはしてみたのですが、ちょっと気にしておかないと駄目そうな挙動を見つけたので記しておきます。

フライト直後のバッテリーが熱を持っている状態では充電不可

純正のカーチャージャーならフライト直後でも直ぐに充電開始されるのですが、Smatreeで充電する場合リポバッテリーのLEDが小刻みに点滅を繰り返し、充電がストップするんですよね。

時間が経って熱が抜けると充電できるようになります。

恐らくリポバッテリーは熱を持ってる状態で充電すると良くないのでインテリジェントフライトバッテリー側が拒絶してるのだと思いますが、純正カーチャージャーはその辺上手いことバッテリーとネゴシエーション出来てるって事でしょうか。

サードパーティー製ですしバッテリーを傷めない為だと思うので、この挙動は許容できるんですが、バッテリーが冷えたら自動的に充電が開始されるとかじゃないので、その辺は不便かなと思いました。

まとめ

やや不便な点もありますがSmatree DP160がある時の安心感は得難いものがあります。
大容量過ぎて使い切れる自信がありません^^;

スマートフォン冷却機とかでも買おうかなと思いました。

via PressSync

一庫ダム空撮

当日、川西能勢口で飲み会の約束があったので、この駅から公共の交通機関を使って1時間以内で行ける空撮スポットを探してみたんですよ。そしたら一庫ダムがいいかなって。空撮の後に飲みに行ったら時間的に効率がよかろう、という事で行ってきました。

山下からバスが出てるんですが1時間一本しかありません。タイミングが悪くても徒歩で30分くらいで行ける、、、のですが大型トラックがスレスレ真横をビュンビュン走っているので徒歩はオススメしません^^;

バスかタクシーがオススメです。

離着陸ポイントとして東屋が便利

道路沿いに何軒か東屋があるんですが知明湖沿いの道路は片側一車線と道幅が狭く、車利用者が利用できるようにはなっていません。逆にいうと自分も車で行けないという事ですが、徒歩で行くとこの便利な拠点を独り占めできますよ。誰も人は来ません。

二軒を巡ってみましたが、ダムに近いところは上空が開けておらず、離着陸の難度がたかかったです。Mavicは任意でATTIモードに切り替えれないので、障害物検知でスタックしかねないのでご注意を。

こちらは、ある程度上空が開けていて視界も良好でいい拠点でした。屋根があると日差しを避けれていい感じですね。

まとめ

都市部から近いし練習には良い場所かもしれませんね。

夕焼けが綺麗みたいなので、今度は時間に都合を付けて行ってみたいです。


via PressSync

パソコンを使わないドローン空撮から動画編集までのお手軽手順考察

空撮から動画編集まで私的に手法が確立してきたので、ここらで纏めておこうと思います。

ちなみに私はブログとかSNSに投稿する際にはiPhoneとiPadしか使いません。

自分に制約を課しているわけではなく、単純にめんどくさいからです。

ですので動画編集に関してもPCやMacを使わないというスタンスです。
いやね、家でデスクに向かって作業したくないんですよ。仕事みたいなので。

大容量データをHDDなりに移動(バックアップ)する際はどうしてもPCとかMacが必要になりますが、そこは大目にみてください。

恒久的に録画素材を残したい場合、PC、Mac無しでは辛いです。

逆にいうとフライトの都度、動画編集を行い素材を消していいという場合はPCも不要かもしれません。

ちなみに私の動画編集の経験はドローンを飛ばし始めてから(2018/03〜)なので超初心者です。

下手な空撮素材をもっと効果的に表現する方法があればコメント蘭とかで教えてください。

編集に必要なスペック

iPhone SEだと1080p(60fps)が限界だと思います。

私が使っている初代iPad Pro 12.9とiPad 9.7インチ 2018年春モデルならMavic Airで撮れる最高画質である4K(30fps)の動画を楽々編集可能。

動画をiOSデバイスへのインポート

Micro SDカードを取り外してLightning SDカードリーダー(変換必要)で取り込むか、Mavic AirはLightning USBカメラアダプターで直接ドローンに接続する事によりインポートできます。

Mavic AirはUSB type-cなので下のような短いtype-cケーブルがあると便利。

空撮動画の容量は大きいのでできれば128GB以上のデバイスに取り込みたいです。

DJI GO4は使い辛かった

送信機と連携するアプリなのでMavicユーザーなら先ず最初に試すアプリがこれだと思いますが、このアプリの挙動は非常に掴み辛いのです。

例えば完成する動画の画質が見るに耐えない低画質に仕上がったりする事があるのですが、最初は原因がわかりませんでした。

どうやら幾つかやってはいけない事があるようで、

  • 解像度、フレームレートの異なる動画の混在
  • 逆再生指定

私が気がついたのはこんな所です。
これだけでも致命的なのですが、ちょっと長めの動画を作って書き出そうとすると書き出しに失敗したりアプリが落ちたりします。

編集に1、2時間かけた成果がなくなってしまう、または観るに耐えない画質の動画に仕上がっちゃった、という悲しい経験を何度かしたので、このアプリでメインの編集をする事は今後ないと思います。

iMovieが超絶便利だった

Apple謹製アプリですが、このクォリティーのアプリが無料とは。
長らくiOSユーザーをやってきましたが、今までこのアプリを使っていなかった事に後悔すら覚えます。

編集に使っているデバイスは初代iPad Pro 12.9ですがMavic Proで撮影した4K 30fpsの動画でもストレスなく編集できています。

タブレット端末で4K動画の編集が出来るとかマジで感心しました。

他の動画編集アプリを使った事が無いのでDJI GO4としか比較出来ませんがめちゃくちゃ使いやすいですね。
いや比較なんてしなくても、何が分からないのか分からないレベルの初心者にとっては直感的で使いやすいと思いました。

右側ペインに素材動画の一覧を表示し、カーソルをタップ、スワイプで動画の内容を簡単にプレビュー出来るのですが便利すぎですね。

「ガクッ、グィッ」という残念カメラワークが連続する素材の中からスムーズに繋がっているシーンをサルベージするのに非常に重宝します。

画面を切り替える事なく一つの画面で作業が完結するのがいいですね。

シーンの切り替わり効果も手軽に色々選べるのですが、この効果を加えるだけで動画の仕上がりが一味変わってきますね。

空撮技術が未熟だと、とにかく撮りまくって使えるシーンだけ使う、みたいな後ろ向きな編集になっちゃいますし、使える所を探して継ぎ接ぎするのは本来大変な作業だと思います。

iMovieはそれに対する回答を持っているアプリだと思いました。

最後の仕上げ(音楽付け)にDJI GO4は便利かも

色々残念なこのアプリですが、音楽はそこそこ充実してるんですよね。音楽を付けるくらいの仕事ならこのアプリでもしっかり果たしてくれます。

上記の手順で作成した動画

Mavic Airで土倉鉱山跡で空撮してきた – Captain’s Log, Supplemental

余呉湖 空撮 – Captain’s Log, Supplemental

まとめ

なんかiMovieつかおうぜ、としか言ってない気がするんですが^^;

しかし動画編集って高価なパソコンが必要だと思っていたのですが、最近はスマートフォンとタブレットで簡単に行えるんですね、すごい時代です。

iPhone SEだとスペック的に1080p(60fps)あたりが限界かなとは思うのですが、これでも十分過ぎる解像度ですし、動画のサイズも扱いやすいサイズになるし十分実用範囲かなと。

撮影して直ぐに公開とか出来たら素敵ですね。ネット環境いりますけど。

今後空撮以外でも積極的に使っていこうと思いました。

アップル(Apple) 純正 Lightning USB 3カメラアダプタ
Apple
売り上げランキング: 11,165
Apple Lightning SDカードカメラリーダー/MJYT2AM/A
アップル (2015-12-10)
売り上げランキング: 1,685

via PressSync

Wahoo Fitnessがインドアトレーニングにいい感じ

Zwiftもやってるんですが、トレーニング中は動画を観てるので他の人と競ったり協調したりって事をしていなくて、リアルタイムなケイデンスと心拍数が分かるので便利、くらいの感じで使っていました。

Zwiftは月額15ドルも掛かるので、たったこれだけの為に勿体無いなと思い、スマートフォンにセンサーの値をリアルタイムに表示してくれるようなアプリは無いかしら?と探してみたんですが、これが見つからない。

いや、GPSと連動するようなやつは沢山あるんですが、インドアトレーニング用となると見つからないわけです。

そういや私はWahooのセンサー類を使ってるけど、このメーカーも何かアプリ出してたよな?って事で試してみたんですが、必要最低限の機能ながら求めていた機能を満たしている素晴らしいアプリでした。

非常にシンプルな画面構成で見やすいです。速度が一番大きく表示されてるんですが、ここをケイデンスとか心拍とか別のパラメータに変えれたら更に便利なのにな、と思いました。

勿論Stravaなどにも連携可能です。

なんとANT+センサーにも接続出来ます。(スマートフォンがANT+に対応している必要があります)

下の写真はvivoactive HRとペアリングした図

まとめ

Wahooのセンサー類は使い始めて1年以上、週3、4回の利用頻度で未だに壊れる気配もなく、いい買い物をしました。

このメーカーのセンサーはBluetooth、ANT+両対応してるものが多く、しかも同時に2代の機器に接続出来るという変態仕様の(褒めてる)かなり使える子なので、もっと売れて流行って欲しいな、と思う次第。

via PressSync

余呉湖 空撮

先日、土倉鉱山跡に行った日に、午後の部で余呉湖に行ってきました。

これだけ開けた空間での空撮って難しいですねー。旋回してもジンバルを上下に振っても、大きな静止画をパンニングしてるように見えちゃうっていう。

バッテリー2本分ほど飛ばしましたが駄目な空撮例を量産してしまいました。

やはり空撮に関して勉強した方が良さそうですね。空撮って操縦技術というよりか知識に頼る部分が多いのかな?って思うんですよね。いろんなシチュエーションに合わせて撮れる引き出しは多い方がいいというか。


via PressSync

Mavic Airの純正カーチャージャー について

サードパーティー製に安くていいのがあるので、純正カーチャージャー を買う人はいない気がするんですが意外と便利なのでご紹介。

サードパーティー製は同時に2本充電可能でUSBポートが一基付いていて値段も2200円前後とリーズナブルな価格なのです。

純正品は6400円で同時に1本しか充電できずUSBポートも付いてない、となるとサードパーティー製一択、って感じになっちゃいますよね。

しかしながら純正カーチャージャー の充電速度はマジ爆速なんですよ。
カタログ値的には純正AC充電器の55分よりも速く48分との事です。

メーカーがうたう充電時間は出来るだけ残量を減らした状態での時間だと思うのですが、普通は20〜30%くらい残した状態からの充電スタートになるので、体感35〜40くらいで充電できてるんじゃ?って感じです。おそらく単一のバッテリーに対しての充電時間の速さでは最強の充電器であります。

先日、土倉鉱山跡で空撮した時は、駐車スペースからいきなりフライト可能だったので使い終わった最初の1本目バッテリーは直ぐにカーチャージャー に接続しました。

2本目以降はSmatreeにて平行で充電しました。3本目を使い終わった時には既に1本目(純正カーチャージャー 使用)は充電が終わっていたので途切れることなく4フライト目に入れました。
(私はフライモアコンボからバッテリーを買い増ししていないので3本しか持っていません)

離陸ポイントから車が近いという条件が揃わないと使えませんがモバイルバッテリー(Smatree)の電力温存にも役立つし充電も速いし、あると安心出来る充電器ですね。

安全装置がかなり安全(かなり)


私は実はサードパーティー製のカーチャージャー も持っているのですが、このカーチャージャー は車のことを労わらない系で、シガーソケットの電圧が11Vくらいまでなら車から電力を搾り取ろうとします。
なのでバッテリーが多少へたっているような車でも問題なく使えたりします。
あと、充電器が熱くなるのが気になりますね。

その点純正カーチャージャー は殆ど熱を持ちませんし電圧が12V未満に下がると自動的に充電が止まる(テストして確認した)ので安心して使えます。

車中泊で空撮旅行に行く場合なんかはSmatreeみたいな大容量バッテリーをシガーソケットから充電する事もあるかと思います。

サードパーティー製カーチャージャー を使って寝ながらSmatreeを充電するのはちょっと怖いですが、純正カーチャージャー なら安心して使えます。

まとめ

車でDJIドローンの充電ってなるとはインバーターの利用って発想になる人も多いと思うのですが、ロスが大きいので個人的には却下です。ドローンのリポバッテリーの充電に必要な電力って結構デカいので、直流→直流でロスを少なく充電出来るカーチャージャー の有用性は、単に充電速度が速い、という以上の価値があります。

しかし先述した通り、純正カーチャージャーは非常に有用なのですが、純正AC充電器2400円に対してカーチャージャー 6400円っていうのは高すぎる感は否めません。

AC→DC変換じゃなくてDC→DC変換なので、AC充電器よりも単純な構造で作れるんじゃないの?って思っちゃうのですが。

しかし「安全を買う」という意味では他に代替はありませんので買うしか無いのかなー、とは思いました。

DJIは上手い商売をしてますよね。

と、基本的には純正品推しですが、決してサードパーティー製が駄目ってわけではなくて、一つの撮影場所でそんなにバッテリーの再充電はしないよって人なら、これで十分だとは思うんですよね。移動中に2本同時充電できるのは純正品より便利ですので。


DJI Mavic Air カーチャージャー
DJI
売り上げランキング: 200,777


DJI MAVIC AIR AC Power Adapter CP.PT.00000122.01
DJI
売り上げランキング: 133,338


Xberstar DJI Mavic Air 充電器 車載充電器 カーチャージャー バッテリー2台と送信機を同時充電可能
Shenzhen Zhongliwei Science and Technology Co., Ltd
売り上げランキング: 3,922

via PressSync

Mavic Airで土倉鉱山跡で空撮してきた

土倉鉱山跡とは滋賀にある近代廃墟なのですが、前から行きたいと思っていたんですよ。

本格的に梅雨に入る前に行って来ました。

位置的には「〒529-0401 滋賀県長浜市木之本町金居原」とかでナビれば付近まで行けるんですが、脇道を見つけ辛いというか、鉱山跡は進行方向左手にあるんで左側に脇道があると思い込んでたので実は右手にある脇道を見過ごして通りすぎてしまいました。脇道は進行方向向かって右手にあるので注意。ちゃんと右手を見ながら進めば決して見つけ辛くはないです。

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

脇道を見逃すとこの高架を真っ直ぐ突き進むことになる^^;
高倉鉱山跡

脇道を道なりに進むと看板が現れるので左折。
高倉鉱山跡

この道合ってる?というくらいの荒れた道ですが、よっぽど車高の低い車で無ければ走破はできると思います。とはいえ、雨とかで侵食されてる感じなので日によって状況は異なるかもしれません。
高倉鉱山跡

無理そうなら、ここまで来てしまえば目と鼻の先なので看板付近に車を駐車して徒歩で向かってもいいと思います。

鉱山跡に着いてしまえば、あつらえたかのような車を駐車可能な開けたスペースがあります。鉱山稼働当時もここは駐車場だったのかも。

現地着!飛ばします!手頃なサイズの遺跡で全域目視飛行出来ますし、危険の少ない感じの被写体の配置なので練習飛行にもいい感じですね。
高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

徒歩で散策も出来る

先人たちがロープを張ってくれているので体力に自信が無くても中層くらいまでなら登れると思います。

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

高倉鉱山跡

まとめ

いやー、よかったです。というかこの近辺って他にも観光ポイントは豊富なのでまた日程に余裕のあるときに、何かに絡めてまた行きたいですね。おススメです。

via PressSync

ドローン送信機用のサンシェード入手

タイトルのブツを買いました。たぶん中国製ですが、最近の中国製製品の多くは梱包も丁寧だしマニュアル完備だし安心して買える物が増えてきました。

一番小さいサイズの4.7インチ向けにiPhoneSEの適合記載が無かったのですが試しに買ってみたら歪ながらもギリギリ使えました。
N.ORANIE スクリーンサンシェード 改良版 DJI Mavic Air

外から見た感じは、あつらえたかのようなぴったり感。
N.ORANIE スクリーンサンシェード 改良版 DJI Mavic Air

N.ORANIE スクリーンサンシェード 改良版 DJI Mavic Air

まとめ(というか使用感)

かなり使いやすいです。タッチパネル操作し辛くなりますが、この製品の特性上仕方ないですね。

注意点としては直射日光下でも快適に飛ばせるようになる事そのものです

というのもスマートフォンって直射日光下で最大輝度でバックライトを点けてると急速に熱を持つんですよね。人間が耐えれる環境がスマートフォンが耐えれる環境とは限らない。しかもこのサンシェード自体が日光を輻射してるような気もする。

熱を持ちすぎるとスマートフォンが自動的に液晶の輝度を落とすので、本末転倒な事になるんですわ。

というわけで暑い季節は、このサンシェードだけに頼ることは出来ず、こまめなクールダウンは必要かと思います。

とはいえ裸で使っていたとしても同じ事は起こりえますので、期限付きとは言え画面の視認性が劇的に向上するこのサンシェードは超おすすめです。

1フライト毎にスマートフォンをジップロックに入れてクーラーボックスに突っ込めばいいのかな。

via PressSync

Mavic Air専用のモバイル充電ハブ Smatree DP160が届いた

Amazonで予約してたんですが、予定より1週間くらい早く到着しました。不意に日曜の夕方に到着したんで、無理やり手持ちのリポバッテリーをPower Bank Adapterで放電して動作確認とテストしました。

なので正確には残何パーセントまで減らせたかは分からないんですが、最後のLEDが点滅するところまで減らしたので、実際の運用時に近いテストになっていると思います。

この充電が終わった後のSmatreeの残量は残量表示LED4つの内1つが消えた状態でした。バッテリーの減らし方が甘かったかな?残量表示が正確ならば期待を持てそうです。

簡素な梱包内容で本体と取り扱い説明書しか入っていません。
Smatree DP160 DJI Mavic Airバッテリー用急速充電器

取っ手が付いてます。つまり結構でかくて重い^^;
Smatree DP160 DJI Mavic Airバッテリー用急速充電器

航空機内に持ち込める上限160wをギリギリ下回る158w。メーカーもこの辺は意識してるんだろなと。
Smatree DP160 DJI Mavic Airバッテリー用急速充電器

充電はMavic AirのAC充電器で行います。まだ実際に試せていませんが、この容量で4時間で充電が終わるなら十分実用的かと。ひょっとしたら純正カーチャージャー ならもうちょっと早くなるかもですね。
Smatree DP160 DJI Mavic Airバッテリー用急速充電器

Smatree DP160 DJI Mavic Airバッテリー用急速充電器

まとめ

これほど高速に複数バッテリーを充電出来る充電機器は今のところ他にありませんので、電源の取れない場所に飛ばしに行く場合、否、全てのシーンで必須のアイテムのように思えます。モバイル電源ですからねこれ。

漫然と練習飛行したい場合とかでも、これだけ同時充電が早ければ3、4本のリポバッテリーをローテーションすればダウンタイムも少なく飛ばし続けれますし。

カーチャージャー からの充電も速いんですが、カーチャージャー の電力だと同時充電はせいぜい2本までですし、車が近くに無いと充電できませんし、Smartee DP160の有用性は他の充電手段と比べても非常に分かりやすいです。

かなりでかくて重いですが、容量を考えれば致し方無しですね。

via PressSync