サーモスの真空断熱タンブラーを使ってみたら風呂で最適だった




ブログとかテレビで紹介されてて、なおかつめちゃくちゃ安かったので買ってみました。(今現在は紹介されすぎで少し高くなってるみたい)

二ヶ月くらいに使い続けてて、概ね気に入って使ってはいるのですが、全く不満がないというわけではなく…

金属臭が結構気になる

実際金属なのでどうしようもないとは思うのですが…


実はこの手の製品は山用ガジェットとしてチタン製のマグカップを持っていまして、チタン製でも若干金属臭はあるのですが、ステンレス製よりはずいぶんマシなんですよね。

ただこの辺は値段との兼ね合いもあると思うので、値段を考えればサーモスの真空断熱タンブラーはとても健闘していると思います。





だいたいチタンはめちゃくちゃ高いんですよ…


この素材でタンブラーサイズの真空断熱加工したら、一体値段は幾らになることやら(ゴクリ)

手に冷たさが伝わってこない

何当たり前の事を言ってるんだと怒られそうですが、グラス越しに伝わってくるビールの冷たさが、夏場の涼感を演出する上で重要な要素なんだな、と気がつかされました。


断熱系タンブラーを使う場合は、これは諦めるしかないかも。

最初に注いだ時にタンブラーに冷たさを奪われてしまう

内側の壁に液体の冷たさを持っていかれます。それ以降は冷たさはキープされるのですが。


これはビールを少しきつめに冷やしておけば問題ありません。

まとめ

色々ありますが、ビールがぬるくなりにくいという点はとても大きなメリットで、なんだかんだ言って今日まで使い続けてます。

特にお気に入りの使い方が、風呂でビールを飲む用途として。


この日記も風呂でビール飲みながら書いてます。


THERMOS 真空断熱タンブラー 400ml ステンレスミラー JCY-400 SM
THERMOS (サーモス) (2011-04-15)
売り上げランキング: 116

via PressSync

投稿者:

aroooy

I am a systems engineer freelance. I love digital devices such as smart phones. I make the iOS app by using the spare time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください