Mavic Air用携帯充電器 Smatree DP160その後

Mavic Airをリポバッテリー3本分飛ばすと、そこそこのフライト時間でお腹いっぱいになるので、実は今のところSmatreeはそれほど活躍してなかったりします。

一応、実地テストはしてみたのですが、ちょっと気にしておかないと駄目そうな挙動を見つけたので記しておきます。

フライト直後のバッテリーが熱を持っている状態では充電不可

純正のカーチャージャーならフライト直後でも直ぐに充電開始されるのですが、Smatreeで充電する場合リポバッテリーのLEDが小刻みに点滅を繰り返し、充電がストップするんですよね。

時間が経って熱が抜けると充電できるようになります。

恐らくリポバッテリーは熱を持ってる状態で充電すると良くないのでインテリジェントフライトバッテリー側が拒絶してるのだと思いますが、純正カーチャージャーはその辺上手いことバッテリーとネゴシエーション出来てるって事でしょうか。

サードパーティー製ですしバッテリーを傷めない為だと思うので、この挙動は許容できるんですが、バッテリーが冷えたら自動的に充電が開始されるとかじゃないので、その辺は不便かなと思いました。

まとめ

やや不便な点もありますがSmatree DP160がある時の安心感は得難いものがあります。
大容量過ぎて使い切れる自信がありません^^;

スマートフォン冷却機とかでも買おうかなと思いました。

via PressSync

投稿者:

aroooy

I am a systems engineer freelance. I love digital devices such as smart phones. I make the iOS app by using the spare time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です