PressSyncが何故、WordPressの権限を意識しているのか

先ほど投稿したカスタム権限を指定しているとログイン出来ない件ですが、そもそも何故PressSyncがWordPressの権限を意識する必要があるのかという事を不安に思われる方がいるかもしれないので、なぜPressSyncがユーザーの権限を見ているのかを記しておきます。

WordPressはユーザーの権限によって出来る事がかなり変わってきます。


例えば同じ投稿を「公開」するという行為であっても、「寄稿者」ユーザーにとっては「レビュー依頼」という意味に置き換わります。


また「寄稿者」アカウントはメディアの読み取り権限がありません。

といった、権限に応じてボタンの文字を変えたり、Mediaの同期を行ってもエラーが出るのがわかってるので事前にアプリ内でブロックしたりといった事を行っています。

ご迷惑をかけており、まことに申し訳ありません。

以上

via PressSync

PressSync Version1.0.0(1.0.1)の不具合

現時点でわかっているPressSyncの不具合をご報告します。

WordPressの権限にカスタム権限を追加している場合ログインに失敗する

BackWPupnなどのカスタム権限を追加するようなプラグインを利用している場合PressSyncではログインに失敗してしまうという不具合を確認しています。

この問題に該当しますとログインができずアプリの機能を何も利用出来ないといった事態に陥りますのでアプリの購入は見合わせてください。

ログイン時にユーザー名の大文字小文字を意識せずにログインするとログイン出来ない


これはとても恥ずかしい不具合なのですが…

PressSyncはログイン時に2個のAPIをCallしています。


一つ目はユーザー情報を取得するAPI、二つ目はブログに属するユーザー情報群を取得するAPIです。


これらのAPIが正しく結果を返すためには、ユーザーが入力したアカウント情報が正しい必要があるのですが、WordPressはユーザーidの大文字小文字を意識しないという認識が開発者である私に全くありませんでした。


例えば「Test」というユーザーIDでログインする際にはWordPressの仕様的には「test」でもログイン可能になります。


この想定がアプリには無く、二つ目のAPIコール後にエラーになっているという状況です。

もしこの状態でログインできない方は大文字と小文字を意識して入力していただく運用対処をお願い致します。

ご迷惑をおかけします。

Version1.0.1は現在申請中の為Version1.0.2でこれらの修正版をリリースする予定です。

via PressSync

Release schedule of PressSync(WordPress blogging app) Version 1.0.0

Overview of the app here.


PressSync – WordPress Editor for iOS

Today, I have applied to the iTunes Connect PressSync Version 1.0.0.
It will be released in about a week later.

  • Release Note.
    • Fixed a bug that did not specify decode, encode at Img tag setting.
    • Fixed a bug that display position of the HUD is shifted when you rotate the screen while viewing the HUD.
    • Added “post options” in the account settings screen.
    • Other minor bug fixes.

via PressSync

PressSync Version 0.0.2(β) has been released

Release Note.

  • Fixed a criterion in selecting the Img tag in the post screen.
  • blog_title and blog_tagline(blog options) no longer be changed.
    (I tried it as set with the Escape a string, but I could not be updated correctly the blog title that contains the “‘” . I suspect that there is a function to avoid SQL injection in “wp.SetOptions” function.)
  • Fixed a bug in the snippet call.
  • Fixed a bug that can not be delete custom field.
  • Fixed a bug that you can not add the account only up to five.
  • Fixed a bug where the display position of the thumbnail of landscape mode was shifted at post screen
  • Fixed a bug that display was broken, display the contents of the blog button when more than one line.
  • Other minor bug fixes.

There is an upper limit to the payout promotion code. It has been distributed a promotional code on a first-come-first-served basis.

Please do not open the links below no person interested in the application.

Promotional code is here.
Install PressSync
(30 promo codes is included)

If you were unable to install, please contact me if you want to try out PressSync absolutely.

Big trouble is not found in the application, and then publish the Version0.0.2.
The day before the release date, I will announce on this blog again.

Best regards.

WordPressブログにMarkdownプラグインを入れてみた

元はてなダイアラーの私にとって、ブログを書く際にhtmlタグを直書きする作業は苦痛だったのですが、とりあえずはWordPressに慣れる為に頑張ってhtmlタグを打ち込んでおりました。

昨日、TwitterでPressSyncのマークダウン対応を指摘されて、私もそろそろマークダウンを使ってみようかな?と思い立ったのです。

ちなみに私は「マークダウンを解析してhtml化、それをまたマークダウンに戻す」という処理をクライアント側で行うのはあまり良くないと思っているのでプラグインを導入しました。


WordPress › Markdown on Save Improved « WordPress Plugins

Markdown記法についてはWikipediaが参考になります。
Markdown – Wikipedia

アプリ側の対応としてはビルトイン入力支援として代表的なマークダウンを含める形にしました。

例えば外部リンクを書く場合は、こんな書き方になります。

PressSyncのプレビュー方式は、かなりズルい方式なので、マークダウンを利用しても実際に公開される内容と全く同じプレビューが行えます…

しかし、Markdown on Save Improvedか、もしくはWordPressそのものに不具合を見つけてしまって、マークダウンをデフォルトの入力支援に含めるかは悩み中です。うーむ。

via PressSync

Rapid iOS app development with Xamarin Stduio

I am released in AppStore to develop iOS app a few using the Xamarin Stduio (monoTOuch).
I use this IDE It is made in the third year now gets iterated once more in the hope, but it is growing daily evolution and stability.

Has been developed based on the monoTouch Xamarin Stduio that was released recently, is the new IDE UI for me.
So, it is not yet familiar with the operation of the Xamarin Stduio, I’m using only monoTouch yet, but the design of Xamarin Stduio because it is very sophisticated, I want to get used to gradually.

The reason I use the (monoTouch) Xamarin Stduio is because can develop iOS app in C #.
LINQ in C # is easy to write very much to write asynchronous processing technology is essential in order to develop a smartphone app.
Also, I so developers of Windows, the things that can divert the code of the application made for Windows so far.
Because it is a development language that is familiar, there is almost no technical questions in the development.

That is why I think for Windows developers, and it is an IDE that dramatically increase the productivity of iOS app development (monoTouch) Xamarin Stduio.

In fact, development effort of iOS app that I have developed very short. I am doing in my free time the iOS app development, but I’m making an app at a pace of about one book in 3-4 months approximately.

I developed this.

I did not expect to be able apps, which are built on the cross-platform environment is highly acclaimed.
The user will not notice that the app I created is made of special development environment.

I am not without dissatisfaction Xamarin Stduio to (monoTouch), but I hope update is performed frequently.
And I hope Being able to input Japanese in the IDE soon.

via PressSync

I have distributed a Promo Codes(PressSync – WordPress blog editor for iOS)

The other day, I was looking for beta testers PressSync, but are struggling to not gather easily.
So I will publish the URL for the installation of the application to be able to use to the general public.
I be sorry. There is a limit to the number that can be installed, that you become first come, first served.

Please do not open the links below no person interested in the application.

Please note that the known bugs of several included in the PressSync Version 0.0.1.
Install PressSync
Best regards

iHatenaSync Version 6.0.9リリース

修正内容1

フォトライフをプライベートに設定している場合、「フォトライフ」タブの同期が行えない問題を修正しました。
そもそも「はてな」のAPIのバグなので、これをアプリの不具合と言ってしまうのは辛いところがあるのですが、、、

iHatenaSyncではAPIを使わずにRSSを読み込んで「フォトライフ」タブの同期を行っています。
というわけでフォトライフをプライベートに設定されていると「権限無し」で、同期が行えないという問題がありました。
これはあまりに不便なのでアプリ側で事前にログイン(https利用)してからRSSを取得するように修正しました。
この事によりフォトライフの公開範囲に関わらずフォトライフの同期が行えるようになりました。

フォトライフの同期機能がiHatenaSyncの最も重要な機能の一つだと私は思っているので活用して頂ければと思います。

修正内容2

ログイン画面を回転させた時に表示がおかしくなる不具合を修正しました。

以上

via PressSync

プロモーションコードを利用したiOSアプリのクローズドβテストについて

iOS開発者は、自分の作ったアプリを特定のユーザーに対して無料で使ってもらうためのプロモーションコードを作成する事が出来ます。

このプロモーションコードの不思議な所は、リリース日が未来に設定されているまだ公開されていないアプリであっても、プロモーションコードを入力すれば誰でもアプリをダウンロードできてしまうという点があげられます。

この性質を利用すれば、あたかもクローズドベータテストのような事が可能になります。
ただ、気をつけないといけない点は、

  • プロモコードは一つのバージョンに付き50個まで払い出せる
  • 同一のユーザーが異なるデバイスにそれぞれインストールする場合は、端末数分のプロモコードが必要

って所でしょうか?50個も払い出せれば個人開発者としては十分な数ですが、規模の大きな案件の場合は意識しないと駄目というかこの手法は取れないかもしれませんね。
via PressSync