iPhone6 Plusをモバイルバッテリーでフル充電するには大容量バッテリーが必要だという話

iPhone6 Plusはとても電池の持ちがいいのですが、それもそのはず約3000mAh相当のバッテリーが内蔵されているらしいです。

iPhone5の約2倍の容量なので電池の持ちがよくなるのはありがたい話ですが、iPhone6 Plusを充電する際には従来の倍のパワーが必要になるという点については注意が必要だと思っています。

例えば登山キャンプなどではモバイルバッテリーを携行して携帯電話の電池が切れたらそれで充電するわけですが、iPhone6Pのような電力の消費が激しいデバイスの再充電は困難であるということです。

山キャンプに行く際はiPhone5sにSIMを差し替えて持っていくべきかなーと現時点では思っています。

【実験 】ANKER Astro 第2世代 6000mAhでゼロ%から充電してみた結果


約90分で90%まで充電出来ました。はえーw
しかし6000mAhを誇るAstroのHPが既にヤバい事にwこういうのを見ると急速充電のロスって結構大きいんだろうなぁとか思ったり。


90%から100%は更に1時間必要でした。充電器が2A出力に対応していれば感覚的にはiPhone5s以前と同じような速度で充電できるって事ですね。

まとめ

iPhone6 Plusは電池が持つのでモバイルバッテリーが必要な人って少ないと思いますが、もし不足を感じているようなヘビーユーザーであれば、急速充電に対応している5000mAh以上の大容量モバイルバッテリーを選ぶ必要がありそうです。

via PressSync

投稿者:

aroooy

I am a systems engineer freelance. I love digital devices such as smart phones. I make the iOS app by using the spare time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です