Lightning SD Card Camera Readerを使ってみたらとても便利だった

Apple Online Storeの評価が今ひとつだったので、今まで手を出さずにきたのですが、iOS7.1以降、無線で写真データを転送するとExifデータが一部欠落するという問題にほとほと困り果ててたにで、このカードリーダーを試してみようかなと思ったのでした。

カードリーダーを接続すると標準の写真アプリに「読み込む」タブが追加される

流石は純正品と言った所ですが、一点惜しいなと思う点は、ここまで出来るならサードパーティアプリからも直接SDカードにアクセスさせて欲しいなと。これが出来れば直接SNSやブログに写真をアップロード出来るんですけど。
SDカード内の写真をiPadで扱うには、必ず事前に「読み込む」処理を行ってアルバム内に写真を保存する必要があります。

写真の全バックアップ用途として非常に使いやすい


「全てを読み込む」を選択するとSDカード内の写真を全てiPadのカメラロール内に取り込んでくれます。読み込み速度は、私の愛機であるG1Xmk2で撮った写真(JPEG+Raw)を1セット当たり0.6秒程で取り込んでくれます。

SDカードの転送速度にも左右されそうですが、仮に数百枚の写真の取り込みであっても数分以内に取り込めるので非常に高速です。


取り込んだ後は、SDカード内の写真を削除するかを確認されます。


「残す」を選んだ場合、二回目以降の読み込み時に、前回読み込んだ写真を記憶しているため「重複項目をスキップ」を選べば同じ写真を間違って二重に取り込む事はありません。

このカードリーダーをフル活用するには大容量iPadがあると安心かも

このカードリーダーは、任意の画像を選んで取り込むという用途よりも、一括取り込みを行なった時に真価を発揮しそうです。
理由としてはバッチ読み込みの速度が滅茶苦茶速いので、選んで取り込む操作を人間が行うよりも、殆どの場合何も考えずに全取り込みをした方が速いんじゃないかと。

全取り込みした後は大きな画面のiPadで全ての写真の確認が行えますので非常に捗ります。

とした場合にiPadの容量は多いに越した事は無いかなと感じました。

まとめ

普通はSDカードをパソコンに接続して最終バックアップという流れかと思いますが、このカードリーダーを使う事により、デジカメ→iPad→パソコンという流れも考えられます。

一手間増えてますが、わざわざパソコンを持ち出す程では無い旅行中に写真の確認や加工、共有などが簡単に行えるiPadを経由出来るのは非常に都合が良いのです。

無線による転送という手段もデジカメによっては選択出来ますが、その際に気になるのは電池の消耗です。
無線で転送するのは燃費が悪い上に時間もかなりかかるので、電源が確保出来ない山などでは、利用を躊躇ってしまうのですが、このカードリーダーを使えば最小のコストで転送出来るので気兼ね無く使えます。

ちょっと数枚だけ写真をiPadに送りたいと言った場合は、無線で送った方が機動性が良いですが、この辺は使い分けですかね。

アップル Lightning - SDカードカメラリーダー MD822ZM/A
アップル
売り上げランキング: 2,676

via PressSync

投稿者:

aroooy

I am a systems engineer freelance. I love digital devices such as smart phones. I make the iOS app by using the spare time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です