Anker PowerCore Speed 10000 QCがちょっとした日帰り出張用途などに良さげ

QC3.0に対応したデバイスを持ってませんので、そこの評価はできないのですが将来的にも長く使えそうという事で入手しときました。

私は初代版?のAnker PowerCore+ 10050からの乗り換えで一世代スキップしていますので、かなり仕様が変わっているな、と感じました。

外装はアルミからプラスチックに

アルミ外装のずっしりした質感と金属のひやっとする手触りで 高級感を感じる事が出来るのはいいのですが、いかんせん重いという事とメッシュ状の専用ポーチでは保護するのに心もとない。

「保護」というのはバッテリーの保護ではなく鞄の中に入れる他の物に対する保護です。 アルミ素材の高質量の塊をメッシュポーチだけで鞄の中に入れるのは怖すぎたので私は別途サイズの合いそうなポーチを買って使っていました。

その点プラスチック外装だとある程柔軟性がありますし、全ての角がラウンドしてますので付属のメッシュポーチでも不安感は無いですね。 そもそも外装のプラスチック化により小型化軽量化がはかられておりますのでバックのなかでごろごろと他の物とぶつかり合ったとしても当たりが柔らかいんですよ。

プラスチック化のデメリット

プラスチック化のデメリットはもちろん高級感が損なわれるという点が げられると思いますが、実用的な面でのデメリットはおそらく放熱性の低下ではないかと思われます。

実際第一世代のPowerCore+ 10050をQuickChargeで充電すると、「低温火傷待ったなし」というほどの熱さに達していますので、アルミという熱伝導性の高い素材を外装に使うという事は、それなりに意味のある事なんだと感じます。

最新モデルのPowerCore Speed 10000 QCは、本体に対するQC充電は対応しておりませんので、外装のプラスチック化の弊害はこういう所に出てるのかな?と感じます。

プラスチック化のメリット

アルミと違って自由自在に形状をデザインできるので、メーカーにやる気があればバッテリーセル、充電基盤の形状に合わせて、極限まで小型化出来るという事だと思います。

それに加えて、PowerCore Speed 10000 QCは実用上を考慮してだと思われるのですが、全ての辺がゆるーくラウンドしております。

手に持った時に角を感じにくい形状なので、実際より小さく感じる効果がありますし下の写真のように鞄の中の小ポケットにもねじ込みやすいんですよ。

TUMIのナイロンバッグ内のポケットですが、まるで専用ポケットのように収まりますね。

下の写真はTUMIのレザーバッグのポケットですが、こちらもいいバッテリー収納場所を見つけました。

外装がプラスチックだと、裸で鞄に入れていたとしても、荷物同士がぶつかり合って、相手に傷をつけてしまう心配も無いんですね。そもそもバッテリーポーチも荷物だと私は思ってますので、上の写真のように、あつらえたようなサイズのポケットが鞄にあれば、そこにバッテリーを裸で放り込んめば最小の荷物で済みます。

それにしてもPowerCore Speed 10000 QCのサイズ感はいいですね。こいうサイズのポケットを有する鞄って結構ありそうで、色んな鞄にスマートに組合わせれそうです。

念のために電圧を測定

全く問題なしですね。

まとめ

バッテリー本体のQC充電が行えない事のみが、私にとっては残念ポイントでした。この辺は小型化軽量化の代償として諦めるしかないのでかもです。

ANKER製品は比較的短いスパンでマイナーバージョンアップを繰り返しておりますが、基本的にユーザービリティを上げる方向性ですので好感が持てます。

新しい物好きとしては新しいモデルが出るたびに買わずにはおれず 「もう勘弁して 」と思う事も多々あるんですが、絶えず進化を続けているANKER製品は面白いです。

今後もAKERから目が離せません。

via PressSync

ANKERのiPhoneSE(5)用ポリカーボネートケースを入手

iPhone5用にTPUケースを持っていてSEではそれを使用していたのですがTPUケースって経年劣化で黄ばんでくるんですよね…さすがにみっともなかったので新しいのに買い換えました。

今回入手したケースはANKER製です。

ポリカーボネート素材という事で薄く軽いのが特徴ですが、TPU素材よりも硬いので形状の自由度が高いため、本製品の様に上部と下部をバッサリ切り欠いた様にもデザインできるようです。

というよりも上下左右を囲うようにするとポリカーボネートは硬すぎで着脱が困難になっちゃうんでしょうね(^_^;)

露出度が大きいと保護機能も落ちますので、この辺は好みが分かれる所だと思います。

あとTPUは人の力では破壊不能なほど頑丈な素材ですが、ポリカーボネートはその硬度故に落下時にあっさりと割れたりします。
そもそも剥き出しの部分が最初に地面に衝突すると目も当てれないという問題もあるんですが…

というデメリットはあるんですが以下のスマートな見た目を手に入れる為なら、その辺の事はトレードオフと割り切れる人は珍しくないかもしれません。

透明ケースなのでピンク色の4インチiPhoneでドヤれますw

まとめ

もともと使用していTPUケースは17グラムであるのに対しこのケースは12グラムでした。

たかが5グラムの差ですがiPhoneSEのような小型デバイスだと、5グラムの差は操作性に非常に差が出る事を使っていて実感しました。

とても美しいケースで非常に気に入りましたが、ケース自体がどれだけキズに耐えれるかとか、経年劣化によるくすみがどれほどの物か?という点が気になりますね。

製品の性質上、ケースがボロっちくなるとすぐ交換したくなりそうですので。

安いので気軽に買い直せるのは有難いのですが、いつまでiPhone5向けのケースって売ってくれるんだろう?という不安もあり、今からスペアを用意しとくべきか悩みます。

via PressSync

Ankerから2ポートQC3.0対応の急速充電器がっ!

またまた入手しました。ANKERのUSB充電器。

この充電器はQuickCharge3.0に対応してるんですが、私は対応機種を持ってないのでQC2.0として使う事になりますが、将来的に対応機種が出てきた時とか安心ですね。

外箱は結構大きくて第一印象は焦ったのですが…
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

開けてみると本体は箱の中に小さく収まっていて安心しました。しかし2ポート充電器としては大きめサイズでずっしりとした重量感であることは間違いありません。
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

一応電流と電圧を測定しておきましたが、これは全く問題ありませんね。

iPadProの充電は軽く2Aを超えています。
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

PowerIQポートでANKERモバイルバッテリーを充電して見た図。こちらもほぼ2Aをマーク。
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

QCポートでANKERモバイルバッテリーを充電してみた図。ほあー!9V!相変わらず熱い!色んな意味で!
Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 (31.5W 2ポート USB急速充電器 QC3.0対応 PowerIQ搭載

まとめ

ANKERからQuickCharge対応の充電器が多く発売されてますのでニーズに合ったポート数のQC対応充電器を選べるようになってきました。

高い電力を扱う製品なので、どうしても同ポート数の他製品と比べると大きくなりますので、そこは割り切りが必要ですが。

私はこの充電器は職場に常備しておこうと思います。iPhoneSEとQC対応のAndroidを急速充電出来る環境が手元にあるっていうのはかなり安心感がありますね。

私はこの充電器を据え置きみたいに使おうかな、と思ってますがコンセントの爪が折りたためるようになってますし、モバイル用途でも使いやすいと思いますよ!

via PressSync

ANKERのiPhone5(SE)用の強化ガラス液晶保護フィルムが普通に良かった

ANKERみたいな有名なメーカーから、こんなスキマジャンルの商品をガンガン発売されたら根こそぎ持って行かれるんでは?という変な心配をしてしまうんですが、、、

消費者としては、安くてある程度の品質が保証されていて得体の知れたメーカーである、となると同じような商品が二つ並んでいた場合このようなメーカーの物を選んでしまう、という消費行動に走ってしまい、私もその1人です(^_^;)

毎度ANKERはたかが液晶保護シートに本気の洒落乙梱包です。
内容物がガラスシートだけに相当な力が加わってもおり曲がらない厚紙を使用している点が好印象です。落下時の耐衝撃性もありそうですね。

実はワタクシ、iPhoneSE購入と同時に国産をうたう別メーカーのガラスフィルム液晶保護シートを購入、使用していました。

しかし微妙に曲がっていて右上部分が浮いて密着してなかったんですよねー。時間が経てば密着するか?とも思ったんですが、1ヶ月経っても密着しないんで今回再購入になったわけです。

ANKERの保護シートを貼ってみた写真ですが綺麗に貼れました。
iPhoneSE

ガラスフィルム特有のしっとりとしたタッチ感指滑りも堪能でき大満足であります。

まとめ

製品不良を掴まされる確率はANKERでも一定数あり避けれない事かとは思いますが、製品を保護する為にここまで厳重な梱包をされていると、不良品をつかまされたとしても許せちゃいそうな気がしますね。

メーカーは最善を尽くしてるけど、それでもこういう事はあるよねー、みたいな。

via PressSync

ANKERの3メートルライトニングケーブルがホテル生活では便利

iPhoneとかスマートフォンならモバイルバッテリーを部屋の中で持ち歩けばいいんですけどiPad Proとかタブレットのような消費電力の大きいデバイスで同じ事をすると、速攻でモバイルバッテリーが干上がってしまうんですよね。

というわけで、私はスーツケースに長いライトニングケーブルとMicro-USBケーブルを常備しています。

ベッドサイドに電源が無いようなホテルでも、3mの長さがあれば遠いコンセントから枕元のスマートフォンまで届いたりするのでオススメです。


一点難点があるとすれば、そのケーブル長に見合った重さと体積があるという事でしょうか。

旅行の荷物は出来るだけ減らしたい、という所と相反するわけですが、旅先のホテルで快適に過ごしたいので頑張って持ち運んでいます。

最近のAnkerのUSBケーブルにはAnkerのロゴの入ったベルクロ製結束バンドが付属するのですが、長いケーブルには2個付属してたりします。

この結束バンドは高品質で、この結束バンドだけ欲しい、という人もおると思うのですが、私もその1人で得した気分ですw

via PressSync

ANKERの汎用スタンドがiPad Pro(12.9インチ)でも使えた

横幅が短いので安定感に不安がありましたが、自宅で使う分には全く問題ありませんでした。
もし不安なら価格も安い事ですし、もう一個買って2つ同時に利用するという手も使えそうです。

アルミ製のスタンドですが接触部はゴム製のパッドになってますのでデバイスを傷つける心配はありません。また、かなり余裕を持ったRですので、相当分厚いタブレットでもホールド可能です。

先日ご紹介したケースを装着したケースですが、これを装着するとかなり厚みが増します。それでもスタンドに立てかけれます。

こちらはポリカーボネート製のケースを装着した状態での使用。シルバーのiPadと違和感無くマッチしますね。

まとめ

風呂蓋付きのケースは全方位保護されてるので安心感がありますし、スタンド機能も付いてるので外で使うには便利なんですが家で使う分にはその重量とのトレードオフというか、家で使う場合は保護機能を捨ててでも軽快に使いたいよなーと思ったんですね。ソファーで使う際にはスタンド機能もいりませんし。

というわけで家では軽い背面しか保護しないポリカーボネートケースを使うようにしたのですが正解でした。

使い始める時に一々でっかい風呂蓋を開けなくてよいwというか常にオープンな状態になるんでiPad Proほどの大画面なら遠目でも何の通知か大体わかるんですよねー。

via PressSync

セレブ向けのANKER フェルト製ポーチ付きのライトニングケーブル


いやー贅沢です。ケーブル一本にこの値段。否、ANKERロゴの入ったポーチも付いてこの値段。
ポーチの付属しない純正ケーブルよりも安いので、これは激安というべきか。ポーチは要らん、という人が大半でしょうけどw

正直私はポーチ欲しさに買いました。ANKER好きにはたまらない一品です。

えーっと、写真を添付しただけで大体どんなものかわかると思うので、特に書くことは無いのですが敢えて書くとすると、、、

一部鏡のように反射するデザインです。個人的に好きなデザインで気に入ったのですが、直ぐに指紋でベタベタになるでしょうね…

ポーチ自体は至って簡素な作りです。
内部のマジックテープ付きのバンドで固定して巻き寿司のようにケーブルを包みます。
海苔にあたる部分には両端に弱いマグネットが仕込まれており、それで結束する仕組みになっています。

普通に収納していれば持ち歩き時にマジックテープ部が外に露出することは無いデザインですので、他の衣服や繊維を不意に引っ掛けて傷つけてしまわない安心感がありますね。

まとめ

正直私自身はケーブルの色とかデザインは割とどうでもよかったりします。

しかし妻のお友達とかに不意に私の持っているケーブルを見咎められた際に、「そのケーブルかわいい!」といった反応をされる事がありますんで、充電ケーブルのデザイン多様化ニーズは確かにあるんだ、と認識させられます。

確かに昨今では外で充電しながらスマートフォンを操作するシーンは非常に多く見ますし、充電ケーブルの露出度も上がってきてますから、安っぽいビニール線をぶらぶらさせる、という事が美的感覚的に許せない、という人は少なからずいるんでしょうね。

純正ケーブルや安物のケーブルは加水分解の速度も速く、使わなくても経年劣化の速度も速いです。現在使われているケーブルに不満を感じられている方は、このような高品質ケーブルを一度試されてみては?と思いました。

via PressSync

gollaのデジカメポーチがモバイルバッテリーポーチとして最適だった

Anker PowerCore+ 10050は小型ながらQuickCharge2.0に対応しており容量もデイユースには必要十分で愛用しているのですが、一点だけ気に入らな点がありまして。

それは付属する専用ポーチがきっちり採寸されたサイズで作られておらず、ガバガバに余るんですよね。ま、ポーチを付けてくれているだけ良心的と言えますが。

というわけでデジカメケースあたりで代用が効かないかなぁと思って探しておったのですが、ようやく良さげなものを見つけました。

色に惚れて入手。

あつらえたようにぴったりとPowerCore+ 10050が収まります。

内側に仕切りがあり、短いケーブルでしたらここに収納できます。

まとめ

gollaのガジェットポーチ類は作りが丁寧でデザインもシンプルで持ち歩くことが楽しくなりそうなものが多いですね。

お気に位入りのガジェット類にさらに愛着が持てそうです。

ちなみにAmazonは高いのでカメラ屋とか店頭で入手される事をお勧めします。

golla デジバッグALFIE G1245  ブラック
ゴラ (2011-02-06)
売り上げランキング: 1,354,817

via PressSync

ANKERのQuickCharge2.0対応3ポート AC USB充電器がパワフルでいい感じ

はい、また入手しました。ってかQC対応してるマルチポート対応のUSB充電器が欲しかったので、この充電器の日本での発売を心待ちにしておりました。

箱を見たときは「ちっさい!」と感動しましたが、開けてみるとミチミチに詰まってる感じで、それほど小ささに対しての感動はありませんでしたw

iPadの充電器との比較ですが、結構大きいですね。ま、3ポートかつ高出力充電器なのである程度は仕方ないですね。

コンセントの爪が折りたためるようになっており、「モバイル用途で使ってくれ!」というANKERからのメッセージを感じます。ええ使いますとも。

折りたたんだ状態でも爪がほどほどに飛び出しておりますので、開閉に苦はありません。

QuickChargeポートx1、PowerIQポートがx2です。

これを見る限りQuickChargeポートとPowerIQポートの回路は独立してるんでしょうか。PowerIQポートの最大出力は2ポートで共用ですが、タブレットなどを充電したとしてもMax4.8Aなので何も気にせずに使えそうです。

QuickChargeに対応しているANKERのモバイルバッテリーを充電してみました。紛れもなくQC充電になっております。

PowerIQポートにてiPad Proを充電してみたところ。軽く2A以上出ています。うむ全く問題無し。

まとめ

充電ステータスを示すLEDが全く存在しないのが気になりますが、ついてたらついてたで寝室には置き辛いという問題もありますので、この辺は好き好きかなと。

単純に3ポート充電器として評価すると少し大きめの充電器ではありますが、ちょっと遠方への家族旅行とかなら、これくらいの充電器を一つカバンに忍ばせておけば安心感がだいぶ増すと思います。

空港ラウンジの待ち時間とかを利用してガツンと充電出来そうです。

ANKER製品は作りに隙がないというか、ちゃちさを全く感じません。現物を見なくても安心して買えるメーカーですね。たまにハズレもありますけど。

via PressSync

AnkerのIPX7防水Bluetoothスピーカーを買ってみたわけですが

例によって衝動的に買ってしまいました。

相変わらず洒落乙な梱包です。充電用のUSBケーブルとストラップが付属品として同梱されてます。

イマイチな点

同時に接続出来る機器が一台なのが残念ですね。

また、Huluなどで利用すると分かるのですが…動画に対して音声が体感0.5秒くらい遅延しています。むー、なんじゃこりゃ?個体差か?

音楽を聴くだけなら問題なしですが、動画鑑賞には全く向いてないですね…残念すぎる…

良い点

完全防水なので浴槽に水没させたとしても壊れない、という安心感は良いのですが、普通スピーカーはコーンに水を被っちゃうとマトモに音が鳴らなくなりますんで、ここまで徹底した防水性能は必要なのかしら?と思わんでもないわけです。

普通の使い方ならばスピーカーを風呂に水没させないので…

ま、メーカーとしても中途半端な防滴仕様で不注意なユーザーに製品を壊されても対応が大変なので、やるなら徹底的に…という事ではないかと予想します。

まとめ

防水スピーカーとしては良い出来だと思いますが、肝心のBluetoothオーディオ機器としてはダメダメですね。

ちょっとこれはリコールレベルだわ…

via PressSync