ANKERの汎用スタンドがiPad Pro(12.9インチ)でも使えた

横幅が短いので安定感に不安がありましたが、自宅で使う分には全く問題ありませんでした。
もし不安なら価格も安い事ですし、もう一個買って2つ同時に利用するという手も使えそうです。

アルミ製のスタンドですが接触部はゴム製のパッドになってますのでデバイスを傷つける心配はありません。また、かなり余裕を持ったRですので、相当分厚いタブレットでもホールド可能です。

先日ご紹介したケースを装着したケースですが、これを装着するとかなり厚みが増します。それでもスタンドに立てかけれます。

こちらはポリカーボネート製のケースを装着した状態での使用。シルバーのiPadと違和感無くマッチしますね。

まとめ

風呂蓋付きのケースは全方位保護されてるので安心感がありますし、スタンド機能も付いてるので外で使うには便利なんですが家で使う分にはその重量とのトレードオフというか、家で使う場合は保護機能を捨ててでも軽快に使いたいよなーと思ったんですね。ソファーで使う際にはスタンド機能もいりませんし。

というわけで家では軽い背面しか保護しないポリカーボネートケースを使うようにしたのですが正解でした。

使い始める時に一々でっかい風呂蓋を開けなくてよいwというか常にオープンな状態になるんでiPad Proほどの大画面なら遠目でも何の通知か大体わかるんですよねー。

via PressSync

投稿者:

aroooy

I am a systems engineer freelance. I love digital devices such as smart phones. I make the iOS app by using the spare time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です