Powershot G1 X mark IIを持って山にハイキングに行ってみた

新しいカメラの練習がてら近所の山にハイキングに行ってきました。

私は体力的に山で一眼レフは無理(精神論じゃなくフィジカルに無理)なのですが、G1X mark IIのサイズならギリギリ許容範囲内であるという感触を得ました。

作例としては素人なのでアレですが、カメラを限界設定で撮ったらどうなるんだろう?という所を探りたかったので、、、という所を言い訳にさせてもらいます^^;
全部日の丸構図でごめんなさい。
接写写真は全てワイド側で撮っています。


Aperture:F2.0, Camera:Canon PowerShot G1 X Mark II, Created Timestamp:2014/03/22 13:54, Shutter Speed:1/800sec


Aperture:F3.2, Camera:Canon PowerShot G1 X Mark II, Created Timestamp:2014/03/22 13:54, Shutter Speed:1/200sec


Aperture:F2.0, Camera:Canon PowerShot G1 X Mark II, Created Timestamp:2014/03/22 13:13, Shutter Speed:1/2000sec


Aperture:F2.8, Camera:Canon PowerShot G1 X Mark II, Created Timestamp:2014/03/22 13:13, Shutter Speed:1/2500sec

Powershot SシリーズやGシリーズに搭載されている内蔵NDフィルターはとても便利です。明るすぎる環境ではシャッタースピードの表示が赤い警告色で表示されるのですが、内蔵NDフィルターの利用である程度対応可能です。

Aperture:F2.0, Camera:Canon PowerShot G1 X Mark II, Created Timestamp:2014/03/22 13:31, Shutter Speed:1/400sec


Aperture:F2.0, Camera:Canon PowerShot G1 X Mark II, Created Timestamp:2014/03/22 13:27, Shutter Speed:1/800sec
NDフィルターが自動でOn/Offが切り替わってくれるとなお便利かなぁと思うんですが。
NDフィルターをOnにしたまま忘れた状態で撮影を続けてる事もあるので、せめてこういう特殊な環境でしか使わない設定ステータスは目立つように表示して欲しいなぁとか思ったり。

デジタルテレコン×2でさらに寄ってみました。こういうシーンではPowershotは全くAFが合わず、ピント合わせがシビアすぎて私には無理です。

Aperture:F2.0, Camera:Canon PowerShot G1 X Mark II, Created Timestamp:2014/03/22 13:32, Shutter Speed:1/250sec

山頂付近で見かけた野良猫。複数の人間の位置関係を把握して常に退路を確保している感じで接近を許してくれません。でも人間には興味あるから一定の距離を保ちつつよってくる、みたいな。これは背景ぼかしモードで撮ってみました。自動で2枚連射してカメラが内部で合成してくれます。被写体が激しく動いてるのに分身せずに仕上がっているのはたまたまか…

ちなみにPモードで撮るとこんな感じ。光学5倍。

Aperture:F3.9, Camera:Canon PowerShot G1 X Mark II, Created Timestamp:2014/03/22 10:39, Shutter Speed:1/250sec

たしかPowershot Nから搭載された機能だと記憶しているのですが、クリエイティブショット機能はなかなか面白いです。

予想ですがフォーカスの合わせた箇所の被写体をカメラが主題と判定して、構図法にもとずいて再配置してくれるような気がします。パンフォーカスの場合は上記の様に色変換でごまかされる傾向ですw

Canon デジタルカメラ Power Shot G1 X Mark II 光学5倍ズーム F値2.0 PSG1X MARKII
キヤノン (2014-03-13)
売り上げランキング: 2,197

via PressSync

投稿者:

aroooy

I am a systems engineer freelance. I love digital devices such as smart phones. I make the iOS app by using the spare time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です